ブログパーツリスト

counter

映画・テレビ

独断的現代人感覚

Kimg0177

ラストの母の台詞に「勝手なことを言うな!!」と怒ってしまいましたわ。
半分くらいはあんたのせいだろ。
あんたも苦労したんだろうけど。一家のあるじがいなくなるとこうなるのも、この時代としてはありふれているのだろうけど。

このストーリィは原作を読んで知っていますし、そんな時代なのも承知していますが、敢えて現代人視点で感想を。

55年も前に作られたアニメの「安寿と厨子王丸」
ちょうど今、関西では真っ盛りで、この雨で散ってしまうかもな、の桜が画面の中でも咲いています。
春、たぶん平安時代の関西地方でしょう。

繊細で綺麗な絵柄。
えらく現代的な言葉遣いで、厨子王が「僕」なんて自称するのですが、動物たちがたくさん出てくるのも、昭和の子どもを意識して作られているからなのでしょうね。

凄まじい格差社会。
お金持ちは尊敬され、貧乏人は下手をすれば売られてしまう。
厨子王がこうして最終的には成功できたのは、もとは身分が高いからだよね。

あの子も幸せなのかもしれないわね、との母の台詞。
一理なくもない。

そのほうが楽なのはまちがいないよね。
甘い自己憐憫、女であるがゆえの自己犠牲。
「女の足は遅いから」って、弟も子どもなんだから、言い訳にもなりゃしないよ。

江戸時代以前を舞台にしたドラマや映画だと、それが作られた時代を反映しますよね。
平成に作られた時代劇は現代的すぎて、その時代の人はそんな教育受けてないってば、そんな価値観ないってば、と苦笑してしまうのですが。

このアニメには昭和の価値観も濃く出ていそう。
女に教育はいらない。女は兄や弟のために身を犠牲にして、なんだったら遊郭に身を売ってでも兄弟を大学に行かせる、なんて思想があったもんなぁ。

あと、突然人買い禁止って。

厨子王さん、それも勝手じゃありません?
山椒大夫は仕事でやってるんだから、生活かかってるんだから、禁止するんだったら補償してあげて下さい。
ほんと、身勝手な奴らばかりだ。

ついでに、今年の大河ドラマについてひとこと。
「おんな城主直虎」なのにね。
直虎は実は男性だったという新事実が出てきているとは、お気の毒です。

私はムロツヨシ氏演じる瀬戸方久に注目中。
方久が出てくる回は真面目に見たくなります。
他は……期待してなかったら、こんなもんでしょ。


真田丸・最終回

かなり評判がよくて、真田丸ロス症状の出てる人までいるとか?
ふーーーーん、そーかぁ?

終盤は地元だったので、ああ、あのあたりね、なんていう楽しみがありました。
それ以外は、真面目に見ていないのでよくわからない。

夏には幸村が生涯でもっとも長くすごしたという、九度山に行きました。
史実っていうのも伝説みたいなのが多いので、え? ってのもありましたが、楽しかったですよ。
かき氷、おいしかった。

でも、ま。

もひとつだったな、の大河の仲間になりそうです。
私にとってはね。

来年の大河はもっともひとつかなぁ。
再来年に期待します。

Yjimage


ゴジラにはまってます

興味はかなりあったものの、テレビでしか見たことがなかった「ゴジラ」。
「モスラ~や、モスラ」と歌っていたふたごの妖精も、おふたりともに帰らぬひととなってしまいましたね。

ついに「シン・ゴジラ」を映画館で見ました。
いやぁ、面白かった!!
長谷川博己さんは好きな役者さんだし、ちらっ、ちらっと出てくる著名俳優にも、あ!!
で、ほんの一瞬しか映らない。

映画を観たあとで、レンタルDVDで「Godzilla」(2014年版アメリカ)、「ゴジラ」(1954年版元祖)も観ました。
およそ六十年の時を経て復活したゴジラ!!
復活というよりも進化? ゴジラの独白を妄想してみました。

Ame


アメリカ映画ではムートーとかいう悪魔の化身みたいな奴を斃して去っていくんだよね、私。
日本人博士はセリザワっていうんだね。
オリジナルの芹沢博士は独身だったはずだけど、どこかに隠し子がいたの?
無関係? 芹沢鴨って有名人もいるし、たまにはある名前かな。

それにしても日本は変わったよね。

日本だけではなく、地球上のたいていの国は変わっている。
いいほうにも悪いほうにも変わっていくって、私と同じなのかもしれない。

第二次世界大戦の痕跡も濃く残る、昭和29年の日本。
長崎の原爆を乗り越えて生き延びたのに、と言っている女性やら。
戦争で夫を亡くした妻やら。
「もうすぐお父ちゃまのところに行くのよ」と子どもを抱きしめていた女性は、きっとそうなんだろうな。

後に「団塊の世代」と呼ばれるようになった子どもたちがまだ小さいくて、子どもってものの絶対数が多い。
無線、電話、テレビ、飛行機、その程度がやっと普及しつつあった時代だから、ハイテクは皆無で、ゴジラがあらわれたぞー

っ!! との報を聞いて逃げ出す人々は、家財道具を大八車に積んでいる。

それから六十年後の「シン」の時代のハイテク、ビル群、情報の速さ。
などなどには、私も驚いたよ。
すげぇなぁ。

54


というような気分になって、古い「ゴジラ」を観ていました。
なつかしい役者さんも出ています。

この人、今もまだ生きてるのかな。
生きていたら八十歳近いんだよね。
鎮魂の歌のシーンに出てきていた女学生集団を見て、そんなことを思ったり。

「シン・ゴジラ」を観たとき、はじめのほうからあった違和感の正体は、
ん? ああ、この世界の人々は「ゴジラ」を知らないんだ!! だったのですが、オリジナルでは伝説のゴジラがいたのですね。

Photo

真田丸1

なーんだ、つまんねえの。
これが初回の感想だったのですが。

まず悪く書かせていただきますと。

主役は現時点では十七歳くらいだとか?
若さと賢さを表現するためなのだろうけど、表情が……あざとい。

兄ちゃんは武将タイプじゃないなぁ。
父ちゃんはことさらにワイルドさを強調しすぎ? なのかな。
あの時代のあのポジションの「殿」は山賊と変わらなかったのかもしれないが。

女性たちの言葉遣いが妙に現代的すぎ。
母ちゃん、あんまりだ……それが武将の妻か。

ってなところで白けていたのですが。
二回目は俄然面白くなりました。

気になるところはそのままでしたし、三谷さん、ふざけすぎ、と濃い濃い苦笑いが起きるのもそのままですが。

「新選組!」のときはそのせいで、歴史好きに怒られたのでしょ?
そうそう、幕末だったら史実はおよそわかるけど、戦国はあのり知らないので、これほんと? 史実? なんて悩んでしまうところもあります。

けど、その三谷さんのおふざけぶりが楽しいってのもありますからね。

脚本、三谷幸喜、を意識しすぎて虚心坦懐に観られないきらいはありますが……。

きっとこれからも文句もつけると思いますが、今後に期待します。

Yukimu


花燃ゆ3

姉が亡くなり、妹と残された夫が再婚する。
よくあった話なんでしょうか。

兄が亡くなり、弟と残された妻が再婚する。
これだったら第二次大戦後くらいまではよく聞いたんですけどね。

よくあったにしろなかったにしろ、私は好きじゃないな。
綺麗ごとにまとめてしまって……実は……とか、下世話な発想をしてしまいます。

次回は最終回かな。鹿鳴館に招かれたそうですから、夫婦でないと出席できない。
では、急遽籍を入れるか、といったところが真相ではないかと。
なんだって周囲の人々がああ大喜びするのか、理解できません。
あの時代、誰かと誰かの再婚なんて、あっ、そ、くらいじゃないのかなぁ。

というような、好き嫌いの問題なのでどうでもいいようなことも考えてますが。

やっぱりもひとつでしたね、今年の大河は。
私としては高杉晋作、もともと好きではなかったあの人物がいちばん、面白かったです。
狂気のひとだという印象が、破天荒な人物、に変わりました。

五人も子どもがいて、三人もに先立たれたお母さんの気持ちに想いを馳せてしまいます。
でも、しっかりした長男とその妻と、もっとしっかりした次女が残ったからまだいいのか。

あの次男はいまや偉人ですが、生きてる間は迷惑をかけたおしてくれましたものね。

久坂が残した息子についても。
あの時代はお家大事なのだからしようがないのでしょうけど、みなさん、寛大でいらっしゃる。

なんかどうもひっかかるのは、幕末から明治にかけてのドラマの中に、妙に現代的な部分がちらつくからなのかもしれません。この時代なのだから当然だ、ということどもばかりでは、現代に時代劇を描くのは無理なのかもしれませんが。

昨今は大河ドラマよりも、朝のドラマのほうがずっと人気ですよね。
時代的には大河と似たあたりの「あさが来た」も大人気のようです。私もちょっとだけ見ましたが、うん、まあ、いいんじゃないの? 朝のドラマってあまり見る気にならなくて、というか、大河以外のドラマを見続ける根性がないのです。

「あさが来た」も来年の大河も舞台は大阪。
真田ゆかりの地は我が家近くにもちょこちょこありますし、今度は主役が人気のある俳優なので、視聴率も取れるのかな? 大阪に旅をするひとも増えるのかな?

ただでさえ、近頃の大阪はアジアからの観光客であふれています。
どこに行っても、容貌は日本人に近く、日本語ではない言葉を話す方々がいっぱい。
ここに日本からの観光客も加わるのか?

あるいは、やっぱり大河は人気ないまま、だったりもして。

「新選組!」の山南さんを演じていたころには好きだったんだけど、その後、あのつめたーい目つきが嫌いになって、あの役者さんが好きではなくなりました。
なので、来年の大河はそれほど熱心にではなく見るつもりです。

Summer


王妃の館

しょっぱなから誰が誰でどういう人間だかわかる。
なにが起きているのかわかる。

パリのホテルの従業員たちが、わちゃわちゃーっ!! と走り回っている意味もわかる。
笑える。期待が高まっていく。

先に原作を読んでいた。わりに熟読していたので内容もしっかり覚えている。
予備知識ゼロで映画を観るのもいいですが、知っていて観るのもちがった楽しさがありますね。

浅田次郎著「王妃の館」

だいぶ前に読んだときには、あの彼氏にふられたOLさんの役は鈴木京香がいいと思ったのです。
北白川右京先生は谷原章介でイメージしていました。

あれだけの長編をまとめてあるのですから、はしょったエピソードがあるのも仕方ない。
そのわりにフランスのシーンが長かったのは、原作者の意向なのでしょうね。

ラスト近くのあのシーン、パリの住民が日本人、平たい顔族なのには多大な違和感あり。
オーギュストなんて女装している日本少年みたい。
そこがちょっと……でしたが、他はおおむね面白かったです。

ポジツアーのOLさん、あんなにひらひら趣味のスイーツ趣味の女性でしたっけ?
でも、吹石一恵さんって女優にしたらちょっとあかぬけない雰囲気なので、あの野暮ったさは似合ってましたね。

緒方直人さん、こんな役をやるようになったんだ。
ミチルちゃんはきっと、苦労したあげくに水商売か風俗の仕事をしているけなげな女の子。
お風呂掃除をしている姿にそれがよく出ていて、浅田さんの好きなタイプだなぁと。

俗人間そのもののこのカップルは、かっこつけないだけに正直で、共感できました。

北白川先生は著者の分身ですよね。

ネガツアーのクレヨンちゃん、原作では彼がいちばん好きでした。
もっと華奢なイメージでしたが、あれはあれでいいキャラでした。

近藤勇がモデルらしいマコちゃんも、可愛くないけど可愛い。

編集者ふたりは、そんな目的でツアーに参加するか? ですが、いい味はありましたね。
もと詐欺師、あの人はあまり記憶にない。

ツアコンさんたちは、男性のほうがいいキャラだったなぁ。
原作では離婚していたはずですが、映画は夫婦のまんまだったのかな?

世間の評判は存じませんが、私には面白かったからいいのです。

Oohi


花燃ゆ2

これは私のブログなのに、セキュリティ的に安心ではないという警告が毎回出ています。
ココログさん、危険なの?

閑話休題。

はじまったばかりのころに「花燃ゆ」を話題にしてから早三ヶ月。
地味は地味なりに、視聴率は悪いらしいなりに、けっこう面白いです。

「龍馬伝」のときに現在の吉田寅次郎さんが、高杉晋作を演じていたのですね。
高杉かっこいい、と評判だったみたいですが、高杉が嫌いな私には苦々しかった。
桂小五郎も嫌い、ってか、長州は嫌いなので、長州人たちをかっこよく書かれると片腹痛いのです。

なぜ嫌いかといえば、行動が時につれて変化していくからかな。
幕府側びいきですので薩摩も好きではありませんが、薩摩のほうがまだしも首尾一貫してる分、許せる。
許せるって、えらそうですみません。

土佐は好きでも嫌いでもない。
「龍馬伝」の龍馬はかっこつけすぎだったけど、以蔵がよかったしなぁ。

その伊勢谷友介氏が演じる吉田寅次郎。
ご本人の年齢が年齢だけに、あまりに若いころを演じるのは似合っていなかったのですが、だんだん、いかにも、になってきた。

近所迷惑、家族迷惑な兄ちゃんですけどね。
優香演じる寿さん(この方は強くて自分に正直で、潔くてよい)の心情はよくわかります。

全体に男女の関係や女性たちの感覚が現代的すぎるかな。
一応は武士なんだから、娘たちが好みのタイプの男の品定めなんかやっていたら、お母さんが叱るでしょ?
はしたない!! ってね。
建前上は叱るはずで、少なくともお母さんまで参加はしませんよね。

あのお母さんにもはかり知れないほどの苦労があり、あの笑顔で笑い飛ばしているのかもしれないけど、なんだかな。
どうもあの母上は好きではない。

久坂と文の夫婦にしたって、本当は愛し合ってるのに素直になれない、みたいに描いてますが、実情は。

尊敬する松陰先生の妹を、先生が嫁にもらえと言った。
いやだけどしようがないか。
妻はくにに置いておいて、俺は京都で好きにするさ。
予想通りに京都に女もできたから、こっちに子を産ませて……と。
文? そんなのいたっけ?

みたいなものでしょ。

と想像すると日下玄瑞も好きではないが、この時代の志士とかいう男は大半がこんなものですし。
東出昌大くん、けっこう好みのタイプだからいいかな。

高杉晋作の話題からそれてしまいましたが、今回の晋作は私のイメージに合ってます。
あのひねくれ者、ああいうタイプって好き。
妻と妾を同席させて背比べさせたとの逸話が残っている晋作らしくて、破天荒なところも面白い。

日本国初代総理大臣になる伊藤博文の若き日も、なかなかいいですね。
前原一誠もいいな。

知人にひとり、幕末の歴史をほぼまったく知らないひとがいて、彼女も大河を見ているのだそうですが、これからなにかとショックかも?

イケメンたちsmileは次々いなくなって、残るのは伊藤さんくらいで。
明治に入るといっそう地味になるはずなんですが、大丈夫でしょうか。

Taiga


あくまでも妄想の大河ドラマ希望キャスト

タイトル「斎藤一」(仮題)

斎藤一 斎藤工
時尾 貫地谷しほり

近藤勇 西島秀俊

土方歳三 玉木宏

沖田総司 勝地涼

井上源三郎 大泉洋

山南敬助 長谷川博己

原田左之助 青木崇高

藤堂平助 井ノ原快彦

永倉新八 水嶋ヒロ

芹沢鴨 上川隆也

新見錦 山本耕史

山崎丞 宇治原史規


坂本龍馬 内野聖陽

岡田以蔵 佐藤健

松平容保 高橋一生   

徳川慶喜 堺雅人

榎本武揚 オダギリジョー

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

いくら大河ドラマでも、これだけのキャストをそろえるのは無理でしょうなぁ。
私の好みだけで選んだので、ファンの方にも、ここ却下!! とか言われそうですが。

斎藤一は長生きしていますし、フィクションもまじえればドラマは豊富に作れるはずです。
サブ主役は土方歳三にして、箱館戦争もじっくり描いてほしい。
明治になって藤田五郎と名を改め、警官になった斎藤一の時尾さんとの結婚生活なら、明治ホームドラマもいけますよ。

ただ、暗いからね、無理かな。
無理だろうとわかっていて、妄想してみました。
だって、今年の大河は期待……あまりしてなかったけど、今のところ面白くないし。

Yjimage

花燃ゆ1

Photo

幕末に関心のある人ならば、山本八重は知っているでしょう。新島八重と名乗ると、知っている人が増えそう。

けれど、吉田松陰の妹? 妹がいても不思議はないけど、そのひとはなにをしたの? が一般人の反応かと。

案の定と言いますか、初回視聴率は「清盛」以下だったようですね。
最近の日本人は、一年間に一冊も本を読まないだったりするみたいですから、大河ドラマみたいな堅いものに興味ない人間が増殖しているのかも。

親が見ないと子も見ないのが普通で、私も昔は見なかったのですが、周囲に引きずられてここ数年は欠かさず見ています。
「軍師官兵衛」もけっこう面白かったし、今年は幕末だからことのほか楽しみ。

吉田松陰の妹、杉文。初回は子役でしたが、井上真央と似ていて感心しました。
よくこんな、ほんとに真央ちゃんの妹? みたいな子を探してきたもんだ。

子役ってたいてい達者ですね。だからこそ年若い身空で役者がやれるのでしょうけど。

しかし、主役が有名な男性の妹で、兄には腹心の友みたいな男性がいて、その男性とも関わっていく。なにかに似すぎだーーー。

次は幕末、主役は女性、と決めても、なかなか人材がいませんから、そうなるのも無理はないのですが。

山本覚馬が吉田松陰、川崎尚之助は小田村伊之助。
いまやものすごい人気の西島秀俊が伊勢谷友介に変わり、長谷川博己が大沢たかおに変わったのね、私は尚之助がいちばん好きだなぁ、と邪念が起きます。

ま、似てるのはしようがないのね。「妹」だからね。

我が家には吉田松陰マニアがいますので、解説してくれるのはいいけれど、喋ってばかりで気分がそれる難もあります。

寅にい……だなんて、一応は武士の家庭なのに、妹がお兄さまをそう呼ぶのに違和感あり。

この時代の子どもは打たれ強いよね。大人に叱られて体罰を与えられるのは、昭和の時代まではよくある話。今の子だったら虐待ってことで、子どもがこわれてしまいそう。

松陰も、文の夫となる日下玄瑞もさっさと死んでしまうんだから、そのあとが長いね。ますます有名じゃないひとばかりになって、視聴率落ちる一方じゃない?

知り合いの幕末研究家の方も、年賀状に書いておられました。
「一年続くのか?」

人気ないから途中で打ち切り……なんて、大河ではやらないでしょうけどね。

新選組、出るかな。池田屋のシーンくらいかな。
某ゲームなどでは美形変人に描かれて人気のあるらしい、吉田 稔麿は池田屋で死ぬんだから、新選組を出さないわけにはいかないでしょう。どんな扱いになるのか楽しみ。

初回はまあ地味に淡々と展開していましたが、やはり幕末は大好きですから、今後のドラマに期待しています。

2014大河ドラマ最終回

Kanbe


戦国にはさしたる興味はないので、この時代ものだと途中で見るのをやめてしまうのが常なのです。
「天地人」なんかひどいもんだったな。
BLの香りがする……とどなたかが書いておられましたが、やっぱり。私もそう思ってたんだ。

それはいいとしまして、「軍師官兵衛」

大阪在住の当方と、官兵衛の姫路は近いですから、JRの駅は官兵衛、官兵衛。
官兵衛列車も運行されていましたし、春の姫路城にものぼりがいっぱいはためいていました。
ふとした場所で「官兵衛」を見つけたり。

そんな中、けっこう最後まで見ましたよ。
たまに流していただけのときもあったから、細かい部分はよく覚えていなかったりもするのですが。

ランダムに思いつくまま、キャストについて。敬称ほぼ略。

若いうちは中谷美紀がやっていると痛々しかった、官兵衛の妻、光さん。
そりゃあね四十代のはずの女優さんが十代を演じていたのでしょうから、お目々を精一杯見開いてぶりっこして、ご本人もちょっとつらかったのでは?

次第に実年齢に近づいてくると、はまってきました。
これまたどなたかも言ってましたが、お年を召した役でも女優さんは若いままってのはね……そんなにいやか? というところ以外は、いい役柄でした。

黒田家三羽烏の家臣たち。

へ? もこみち? んんん……だったのが、いい味を出すようになってきました。
「酒は飲め飲め、飲むならば」の黒田武士のモデルは、この太兵衛さんなんですって。

濱田岳さんはこのドラマで初に知りましたが、いい役者さんですね。
小さいのがまた個性になってるのかな。

もうひとり、高橋一生さん。

ドラマが進むにつれ、私はこの方演じる井上九郎衛門に引きつけられるようになっていきました。
武闘派で荒々しくて豪快な太兵衛、太兵衛を押さえてとりまとめる善助。
そして、冷静沈着な頭脳派九郎衛門。
役者さんもぴったりというか、うまいというか。九郎衛門さん、好きです。

はじめのころは武兵衛さんが好きだったのだけど、早く亡くなってしまって、あとを受け継いだ家臣たちが忠誠を尽くしてくれたから、彼も満足していたでしょう。

息子の桃李。
いやぁ、今や松阪桃李? バカ息子? なんて反射的に思ってしまう。ファンの方ごめんなさい。
ヒケが似合わないなぁ。いやいや、バカ息子を演じるのが上手なんですけどね。

家康(タヌキどころか鵺の家康、あんなにいやらしい寺尾聡さんってはじめて見た)に、うちの娘と結婚しろと言われ、「私には妻がいます」「いや、それでも結婚しろ」

当時、長政の妻は心を病んでしました。
長政たちが朝鮮に戦に行き、連れていってもらえなかった歳の離れた弟が勝手に船を出して遭難死。私が止めなかったからと気に病んでいたときにやっと子どもが産まれたのが女の子。このころは男の子を産まないと価値がぐーんと低かったのですね。

そんな妻だから、長政は離縁してしまう。そして家康の娘を後妻に迎える。
時代が時代だとはいえ、ひどいなぁ、むごいなあ、といった事件もありました。これはどこまで史実なんでしょうか。

それからそれから、二階堂ふみの淀。
最初は、ええ? 淀君って傾城の美女、絶世のセクシー美女でしょ? この子、たいした美人でもないんじゃない? なんで? と不思議だったのですが。

いやいやいや、この方、うまいのですね。

だんだんと淀が妖しくも魅力的に見えてきた。竹中直人の秀吉がまた絶品で、あのいやらしいスケベ親父が引き立ててもいたのでしょうか。

淀も描きようによってはかなり変わる女で、松たか子のクールな美女とか、宮沢りえのわりと暗くてあたたかみのある淀とかもありました。宮沢りえのときは秀吉を本当に好きになっていたらしい。

今回は石田三成と通じていたようで「三成、私はもっと子を産みたい」……って? へ? あ、そう? って感じ。
そもそもあの秀吉にあの年齢でふたりも子どもができるはずはないのですから、真相はそんなところだったのではないかと、私も昔から考えておりました。

お父さんの柴田恭兵。
理想的な最期だったように思えます。

信長。
江口洋介もなかなかはまってましたが、いつか玉木宏の信長が見たい。
玉木宏の土方歳三か斎藤一も希望していますので、NHKさんよろしくお願いします。

最後に主役、岡田准一。
うん、彼もけっこうよかったですね。
今回は現代視点というよりも、戦が楽しかったりする当時の武士たちの感覚に忠実な部分もあり、リアリティもありました。

意味なし選挙のせいで先週は放映がなく、いよいよ来週は最終回です。
もはや気持ちは来年の「花燃ゆ」に飛んでまして、幕末だぁ、楽しみだなぁ。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ