ブログパーツリスト

counter

ペット

小梅の写真です

どうやらコードが駄目になっていたようで、新しいコードにしたらスマホとパソコンをつなげました。

小梅の写真、よろしかったら見てやって下さいね。


Ko1

はじめて会った日に、小梅のきょうだいたちと。
真ん中が小梅です。

K2_2


我が家にやってきて間もない、生後二か月の小梅。
まだちょっと警戒しています。


K3

上と同じころ。
あやしい奴め、と人間を見ている?


K4

さすがに飽きてきたけど、私の趣味のぬりえの邪魔をしています。
色とりどりえんぴつと、モノトーンの仔猫。


K5

ここがお気に入りです。


K6

にゃあに?
だいぶなじんできました。


K7


大好きなミニ爪とぎタワー。
じきにぼろぼろになりそうです。

四か月を過ぎて半分大人猫になってきた小梅の写真は、またアップしますね。
見て下さった方、ありがとうございました。


産まれて四か月

半年くらいは仔猫でいるかと思っていたのですが、あにはからんや、小梅は四か月でずいぶんと大人びてしまいました。

外見は成猫の半分くらいで。
ごはんよりも遊びが好きで、ハイパー小梅になると暴走が止まらな~いtyphoon

なんてところは、子どもですけどね。

甘えたくなるとくっつきにくるのも、とーっても可愛い。
活力全開のハイパー小梅のときには、爪と牙が怖くて、噛まれたりひっかかれたりして私は小さい傷だらけですが、そんなところも可愛いです。

前の前の記事「こにゃこが来ました」の向かって左、キジ部分が多いのが生後二か月足らずの小梅です。
このころはぼーっとした顔をして、ふにゃーっとしてころころんとしていましたね。

今はもっときつい、気の強いの全開の顔をしています。
スマホの写真をパソコンに送れなくなっているのが残念至極。

今までの猫はほぼ全部、キャットフードに文句は言いませんでした。
特にくぅなんかはダイエットさせていたのもあり、なんでもいいから食べる~!!
いつも晩ごはんの時間が近づいてくると、あの丸い雄弁な目で私をじっとじーっと、じとーっと見る。

なんか忘れてへん?
ごはんの時間よ、って。
あの目は永遠に忘れられない気がします。

ところが小梅は、
ワタシ、もう仔猫とちがうもん。
仔猫のごはんなんかいらんもん!!
って感じ。

仔猫用ウエットフードやミルクはふんっ!!
ドライフードは仔猫用と大人用を混ぜているのですが、大人用を先に食べ、残した子供用はしぶしぶ半分くらい食べる。

眠くないときにはどどーっと走ったりして、運動量は猛烈なんですけどね。
この運動量のわりには食べるのが少ないので痩せてますが、筋肉質のアスリート体型でもありますので、こういう体質なのかな?
ちょっと心配です。

二ヶ月半ほど前、複数の母猫が子猫を何匹も育てているところから、仔猫たちを保護してきたのだとボランティアさんに訊きました。

縁あって我が家にやってきた小梅は、すっかりうちの子になってわが物顔。
ごはんをあまり食べないのが気がかりな以外は、元気に走り回っています。

キャットタワーも買いました。

31nlqczyqql


くぅが生きてる間にキャットタワーを買ってやりたかった。
もっとも、くぅはおなかが重くてタワーなんかに登るのいやーって、拒否したかもしれませんが。

なお、キャットタワーはこれですが、猫はよその子です。
くぅの前に死んだちぃに似ています。


こにゃこが来ました

O0650043313961811747


初代 みーにゃ。
黒、女の子。一歳にもならないうちに急死。

二代目 めめ。
サビ、女の子。二歳余りのころに家出。

三代目 ちぃ。
キジ、女の子。二十歳で大往生。

四代目 くぅ。
サビ、女の子。十一歳で急死。


私が大人になってから、我が家で暮らした猫たちです。
わずか四匹ですが、共通点はありますね。

ちぃが来てから二十四年はずっと猫がいて、去年、くぅが逝ってしまってからは、猫のいない日々。
寂しくて、仔猫を探していたのです。

今どきは保護猫を譲渡してもらいたくても簡単にはいかない。
そりゃあね、おかしな趣味の方やら無責任な方やら、いますものね。

そんなこんなでしたが、ついに仔猫が我が家にやってきました。

五代目 小梅。
現在二ヶ月。女の子。白キジ。

今までの猫は全部黒っぽかったので、白っぽいのがまず新鮮。
今までの猫はわりと無愛想だったので、こんなにちっちゃいのに甘えっ子なのも新鮮。
元気に起きている時間はころげ回って遊んでいますが、眠くなると甘えにきます。

かつての猫たちはなにかを要求するときとか、文句のあるときしか鳴きませんでしたので、ちっちゃな小梅が私の顔を見上げて、みゅううう、と鳴くと、なになに、どうしたの? となるのですが、甘えているみたいです。

眠くなってくっついてきたのを撫でると、ゴロゴロゴロゴロ~~。
これまた、今までの猫たちは仔猫のころにはゴロゴロなんて言いませんでしたので、新鮮。
小梅ちゃんって猫好き人間殺しのちびっこ悪女だね。punch

二ヶ月から三ヶ月くらいっていちばん可愛い時期ですものね。
ほんの数ヶ月で終わってしまう仔猫の季節を堪能させてもらいます。

すっかりうちの子になって、狭い我が家……とはいえ、ちっちゃい仔猫にしたら広い場所を縦横無尽に駆け回り、目につくものはなんでもかじってみる、さわってみる、疲れたら甘えにきて撫でさせて、人間にくっついて寝ようとするも、暑くなって離れていく。

たまりませんわー。

譲渡していただくにあたってお世話になりました、ボランティアの方々には多大な感謝を捧げます。
ありがとうございました。

起きてる間は動いてますから、寝ている姿しか撮れないのですが、すでにスマホの写真フォルダは小梅だらけです。
ところが、スマホとPCをつなげなくなっていて、写真がうまくアップできなーい。
もっとちっちゃかったころの写真しかなくてすみません。

写真は姉妹の白キジちゃんたち。
ちょっと黒っぽい柄の多いほう、向かって左が小梅です。
四きょうだいの他の子たちもそれぞれに里親さんが見つかったそうでして、みんな、幸せになれますように。

O0650043313961847928


11歳の11月11日

qooが逝ってしまいました。

猫が死ぬときはあっけないものですね。

四年前に死んだcheeは執念深い性格だったから、
二十歳までしーっかり生きた。

qooは猫にしたらあっさりした性格だったから、
あーっさり虹の橋のむこうに行ってしまったのでしょうか。

くぅ、ちぃおばちゃんにいやがられてないか?
また来たんか。
来んでええのに、しっしっ!! ってね。

20160404_0846292

C3PO&R2D2を襲おうとしているくぅ。


ニッポンの猫たちpart11

Inu


のっけから犬です。
金沢のお土産もの屋さんの子。

Mi


Nya


Saba


Saba2


Shodo

小豆島の猫。

Saru


淡路島の猿。
一瞬、この碑にくっついているオブジェかと思った。

Umeda


梅田裏通りの都会の猫。

Shippo


これはなんでしょう?
半端都会の猫です。


ニッポンの猫たちpart10

知らぬ間にPART10。
けっこう続いていて自己満足しています。

今回は秋から冬にかけて出会った猫たち。
暖冬のせいか、今年の冬は猫がわりによく外をうろついています。

あったかすぎるのは嫌いだけど、それだけは嬉しいな。

妙に高級そうな猫は、ペット博で会って写真を撮らせてもらえた子たちです。
ペット博では亀もいました。

ガラス戸の中にいたり、えらく人なつっこくて寄ってきてくれたり。
猫はいいなぁ。

1445829840282


Kimg0073


Kimg0354


Kimg0355


Kimg0357


Kimg0358


Kimg0359


Kimg0360


Kimg0426


Kimg0428


Shiro


ニッポンの猫たちPART9

うわわわわ……と言ってる間に、今年も一ヶ月ちょっとです。
2015年度最後になると思われる、猫ネコねこの写真をアップしまーす。

Abi


Chi


To


Aigo


Buchi


Eye


Kiji


Mukoone


Nozo

コスモス畑には犬もいます。
その近くの動物愛護センター、こんなところにこんなものがあるとは知りませんでした。

寒くなってくると猫と遭遇しにくくなるのが寂しい、秋の終わりです。


ニッポンの猫たちPART8

1433405536815


1438412699332


Buchi


Nekoken


Shippo


Touken


Photo


Sun


Sayonara


大阪の猫と岡山の猫、和歌山のイラストもあります。

残暑もあまりないままに涼しくなって、そのかわりに雨が多く、こうして秋がやってくるのか?
でも、また暑くなったりしないの? と疑っている私ですが。

猫にも人にも秋は過ごしやすいけど、冬になってくると野良ちゃんたちはつらいね。
雨の日もつらいよね。

野良猫は人間が悪くて発生したものなのだから、
「野良猫にエサをやらないで下さい」ではなく
「野良猫にエサをやったらきちんと片づけて下さい」の張り紙のほうが、ずっといいなぁ。

たま

あれからもう二年。

このブログにこんな記事があります。

たま電車

たま駅長

たまちゃんは十四歳だと、売店の方が言っておられました。
二年がたつのだから、十六歳になったのですね。

http://rabiru.com/2865

十六歳のバースディの動画を見ていると、涙が出てきました。
私も猫を亡くした経験がありますし、死んだから言うんだけど、やっぱりこうして老齢の猫が人前で……っていうのは、大変だっただろうなと。

だけど、たまは楽しかったのかな?

人なつっこくて温厚で、人間が好きだったんだものね。
駅長のお仕事もたまには合っていたのでしょう。

「日本は平和だ」と発言されている方もいましたが、こういう平和は大歓迎です。
戦争の心配をするよりも、貴志駅のたまが死んだ、って猫好きたちが哀しんでいるほうがいいではありませんか。

もうじき、たまちゃんの社葬が営まれるそうです。
貴志駅には大勢のファンが集まっているとのニュースも見ました。

そんなにもみんなに愛されて、たまちゃんは幸せだったよね。
私も「たまちゃん、安らかに」と祈ります。

Kishi


Ike_150626tama01tama


Ike_150626tama02


ニタマもほどほどにがんばれよ~。


ニッポンの猫たちPART7

冬の間は外で猫を見かけなくて寂しかったのですが、春も過ぎ夏きにけらし梅雨時の今、猫とたくさん出会えるようになりました。

Asaka


Kimg0003


Kimg0017

Kimg0015

近鉄沿線の神社でごはんをもらっていた猫。
そこに別の猫があらわれて、ごはんを食べている子を追っ払う。
そのくせ、自分は食べずにどこかへ行ってしまう。

なんてのも見ました。

個人的にはここが気に入って巣をつくったくぅの、この写真、お気に入りです。

Kimg0019


Mlkes


Omocha


Qoo


Two

最後の一枚、おまけ。
そうなんですってribbon

大阪ののうどん屋さんですが、大阪にはうどん屋は星の数ほどありますので、もしもファンの方が知りたいと思われましたら、どこの店だかご質問下さいね。


Kimg0009_2


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ