ブログパーツリスト

counter

« ガラスの靴61「婚活」 | トップページ | ガラスの靴62「強奪」 »

フォレストシンガーズ・短歌俳句超ショートストーリィ2019/11

2019/11

 

短歌俳句・超ショートストーリィ

 

 

 泥棒猫って季語なのか? 季語のない俳句もあるにはあるらしいし、川柳ってやつもあるが、これはどう判断すればいいのか。

 

「恥入ってひらたくなるやどろぼ猫」

 

 本物の猫ならこうだから、これは人間の泥棒猫だな。

 

 お魚くわえたドラ猫追っかけて
 裸足で駆けてく……

 

 であって、猫は泥棒しても恥じ入ったりしないのだ。
 さしずめ、よその男の彼女に手を出した男とか、よその女の彼氏に手を出した男とか。

 

「はっきりカタをつけてよ
 どっちかしっかり選べよ

 

「バイバイバイバイ、やってられないわ
 あのひとの涙の深さに負けたわ」

 

「あんな女に未練はないが
 なぜか涙があふれてならぬ」

 

 とかね。
 ややこしいのはやっぱり人間だな。

 

 嗚呼、猫になりたい、と溜息が白く煙る、霜月の帰り道。
 三沢幸生、歳があければ三十路だ。嗚呼。

 

END

 

 

 

 

 

 

« ガラスの靴61「婚活」 | トップページ | ガラスの靴62「強奪」 »

フォレストシンガーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラスの靴61「婚活」 | トップページ | ガラスの靴62「強奪」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ