ブログパーツリスト

counter

« ガラスの靴31「野外」 | トップページ | ガラスの靴32「西陽」 »

ボヘミアンラプソディ

よくもこれだけ似た役者を集めたものだと、まずはそこに感心しました。
身長まで考慮してますね。
ブライアンが一番高くて、その次はジョンかな? ロジャーとフレディはわりあい小柄だったような。

四人が並んだときのビジュアルも、遠い日のQUEENそのまんま。
ロジャーはちょっと顔が似てないけど、体型も容貌もあとの三人はそっくりです。

顔立ちだけならジョンがもっとも似てるかな。
ブライアンも雰囲気そっくり。
フレディは乗り移ってましたね。

もめごとが起きるとロジャーが真っ先に切れて、
ジョンとブライアンがまあまあとなだめ、
すこしだけ超越したようなところからフレディが眺めてる。

そんな感じもファンが想像していたのに近かったです。

女好きロジャーってのも、日本のファンの間では有名でした。
ふたりの女の子を両脇に抱えて寝てる姿には、ロジャーらしいわ、と笑ってしまいました。
ほんとのほんとにこうだったの?
本人、苦笑してたんじゃありませんか?

たしか初来日の際には、女性セブンだとかの雑誌までが取り上げていたはず。

実は私、クイーンはあまり好きではなかったのですが、
友人に熱狂的フレディファンがいたのもありまして、
昔はアルバムも買ってました。

だから、映画で使われている曲はもちろんみんな知ってました。
来日公演に行かなかったのを後悔しています。

ライヴエイドは日本時間では真夜中だったかなぁ。
録画して見ましたよ。

あのころの私はデュランデュランに関心が強かったり、スティングやデヴッド・ボウイのほうに視線が向いていたので、クイーンのステージは覚えていないのが残念です。
クイーン、見ただろうか。
DVDだったら残しておけたのに、今やビデオは再生できませんものね。

あそこまでビッグになったバンドには、それはそれはいろんなことがあったんだろうな。
荒れていく、すさんでいく、やつれていくフレディの姿などもあり、そして決定的なエイズ。

当時はゲイの病気だったエイズ。
不治の病だったエイズ。

フレディがゲイでエイズにかかっていたとは知ってたけど、女性の恋人もいたんですね。
彼女とは正式に結婚したの?
男性の恋人もいて、彼と彼女とは最後まで親しくしていたと、フレディのためにはとてもとてもよかったね。

何年か前にたしか、クイーンが再結成……調べてみたら、何度かしているようですね。
女性ヴォーカリストを加えると聞いて、それもいいかなと思っていたのを思い出しました。

LPレコードなら持っていたけど、売ってしまって。
今はウォークマンにクイーンの曲をカバーした、いくつかのバンドのアルバムが入っています。

Images


« ガラスの靴31「野外」 | トップページ | ガラスの靴32「西陽」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/74694211

この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアンラプソディ:

« ガラスの靴31「野外」 | トップページ | ガラスの靴32「西陽」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ