ブログパーツリスト

counter

« ガラスの靴25「俗人」 | トップページ | ガラスの靴26「内助」 »

靴猫

小梅ちゃん
 梅は梅でも
   猫ですにゃ

本家取りのようなもの。
本家は、

梅の花
 一輪咲いても
  梅は梅

by 豊玉
です。

犬は血統書つきと雑種ではだいぶちがうが、猫はなんでも同じ。
猫は猫、となにかで読んだことがあります。

でも、やっぱり猫は猫でもみんなちがいますよ。
私は十匹ほどと一緒に暮らしたことがある程度で、七年ばかり家に二匹いただけ。
あとは一匹ずつでした。

仔猫をもらうのは最後かな、と覚悟を決めた年頃になってうちに来てくれた、小梅。
ちっちゃいちっちゃいだったのが一歳半ほどになりました。

小梅は猫らしい猫だな、と思っていたのですが、
かつての猫はやらなかったことをしでかしてくれました。

ある日ふと、スニーカーの中を掘っていたら、中敷きが取れたのです。
わっ、獲物だっ!! とばかりに、それからは靴の中を掘るようになりました。
中敷きが取れたらくわえて持ってきて、時にはかじってぼろにしたり。
その上、軽い靴だったら靴ごとくわえて持ってきたり。

キミは犬か?
猫は普通はそんなことはしないよ。

というわけで、近頃は玄関に靴を出しておけなくなりました。
まあ、なにをしても猫は可愛いし、言うことなんか聞かないから、駄目っ!! と言っても通用しないし。

犬だったらやめさせることも可能かもしれませんが、
猫には無理だと経験上知ってますから(猫の場合、この人間は怒るから嫌い、としか思わないみたいです) 
甘やかしてしまうのもあるんですよね。

一年前のことがしきりに思い出されます。
起きているときには、遊ぼうよ、遊んでよ、もっと遊ぶぅ、とねだりにきていたちび小梅。
こんなちっちゃくて無邪気な子猫を、
もう避妊手術しなくてはいけないのかと、不憫で切なかったのです。

そんなことを想い出すせいか、
猫ってのはかわいすぎて切ないな、なんて感じてしまうのでした。

Kone


« ガラスの靴25「俗人」 | トップページ | ガラスの靴26「内助」 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/74368203

この記事へのトラックバック一覧です: 靴猫:

« ガラスの靴25「俗人」 | トップページ | ガラスの靴26「内助」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ