ブログパーツリスト

counter

« FS超ショートストーリィ・四季のうた・繁之「夏の貝」 | トップページ | ガラスの靴17「親子」 »

西郷どん2

嫌いじゃないんだけどなぁ。
面白くなくはないんだけどなぁ。

なんと申しましょうか。
物足りない?

どうしてかと考えてみたら、たぶんこのせいです。

例年だと、このキャラとこの俳優さんとこの性格設定と、なんて、ミーハーチックに好き嫌いでものを言うのが楽しいのですが、今年はそれができにくい。

ストーリィはおおむね普通で、普通に幕末が描かれていく。
特に意表をついてもいないし、特にびっくりな解釈があるわけでもなく。

人たらしってか、男にも女にも愛されるキャラであるらしい西郷どんは、なにをやっても好意的に描かれる。
この時代、当たり前とはいえ、あんなに愛し合って子どもも生まれた島妻の愛加那のことなんてすっかり忘れて(おいには妻がいる、と口にはしていましたが)、幼なじみにプロポーズしたくせにさ。

お虎さんだって、本当は愛人だったのですよね。西郷さんは自分も太っていて、太った女性が好きだったとか。
彼女、けっこう好感持てますけどね。
それよりあの芸者がわざとらしくて嫌いだわ。

私も鈴木亮平さん演じる西郷さんは好きですよ。
でも、あまり魅力的に思えない。
他のキャラにしても同じで、誰かについて語ろうとも思えない。

昨年の「おんな城主」についてもブログにはあまり書いていませんが、主人公も、ツルもカメも直虎の家来たちも、虎松の子ども時代も少年時代も、それぞれに魅力がありました。
瀬戸方久がいちばん興味深い人物でしたっけ。

面白いとは思わなかった年の大河ドラマでも、この人はいいなぁ、ってキャラが必ずいた。
「花燃ゆ」の高杉晋作とか。
「平清盛」の義朝とか。

好きな俳優が演じる役柄に注目してしまうのもありますけど、そうじゃなくても、魅力的なキャラっていますよね。
その点、今年は、ミーハーチックに注目するひとがいないんだな。

強いて言えば私はもとから嫌いな、桂小五郎かなぁ。
玉山鉄二さんを見ると、「八重の桜」を思い出してしまって、あんたは会津のひとやろ、と突っ込みたくなると言う、邪道なこともやってますが。

勝海舟はなんだからしくない。
岩倉具視は落語家にしか見えない。
徳川慶喜はけっこういいな。
島津久光はお似合いです、とっても。
坂本龍馬? 今回に限ってはどうでもいいわ。

キャストを見ていると改めて、この人はいいとか好きじゃないとか思えるのですが、全体的に印象がぼやけてしまっています。
大好きな幕末だったのに、現時点では残念、かな。

来年はかなり新しい時代になって、オリンピックですね。
再来年は明智光秀、なんたって長谷川博己氏が主役だし、想いは近未来に馳せていますよ。


Yjimage


« FS超ショートストーリィ・四季のうた・繁之「夏の貝」 | トップページ | ガラスの靴17「親子」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん2:

« FS超ショートストーリィ・四季のうた・繁之「夏の貝」 | トップページ | ガラスの靴17「親子」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ