ブログパーツリスト

counter

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

ゴジラにはまってます

興味はかなりあったものの、テレビでしか見たことがなかった「ゴジラ」。
「モスラ~や、モスラ」と歌っていたふたごの妖精も、おふたりともに帰らぬひととなってしまいましたね。

ついに「シン・ゴジラ」を映画館で見ました。
いやぁ、面白かった!!
長谷川博己さんは好きな役者さんだし、ちらっ、ちらっと出てくる著名俳優にも、あ!!
で、ほんの一瞬しか映らない。

映画を観たあとで、レンタルDVDで「Godzilla」(2014年版アメリカ)、「ゴジラ」(1954年版元祖)も観ました。
およそ六十年の時を経て復活したゴジラ!!
復活というよりも進化? ゴジラの独白を妄想してみました。

Ame


アメリカ映画ではムートーとかいう悪魔の化身みたいな奴を斃して去っていくんだよね、私。
日本人博士はセリザワっていうんだね。
オリジナルの芹沢博士は独身だったはずだけど、どこかに隠し子がいたの?
無関係? 芹沢鴨って有名人もいるし、たまにはある名前かな。

それにしても日本は変わったよね。

日本だけではなく、地球上のたいていの国は変わっている。
いいほうにも悪いほうにも変わっていくって、私と同じなのかもしれない。

第二次世界大戦の痕跡も濃く残る、昭和29年の日本。
長崎の原爆を乗り越えて生き延びたのに、と言っている女性やら。
戦争で夫を亡くした妻やら。
「もうすぐお父ちゃまのところに行くのよ」と子どもを抱きしめていた女性は、きっとそうなんだろうな。

後に「団塊の世代」と呼ばれるようになった子どもたちがまだ小さいくて、子どもってものの絶対数が多い。
無線、電話、テレビ、飛行機、その程度がやっと普及しつつあった時代だから、ハイテクは皆無で、ゴジラがあらわれたぞー

っ!! との報を聞いて逃げ出す人々は、家財道具を大八車に積んでいる。

それから六十年後の「シン」の時代のハイテク、ビル群、情報の速さ。
などなどには、私も驚いたよ。
すげぇなぁ。

54


というような気分になって、古い「ゴジラ」を観ていました。
なつかしい役者さんも出ています。

この人、今もまだ生きてるのかな。
生きていたら八十歳近いんだよね。
鎮魂の歌のシーンに出てきていた女学生集団を見て、そんなことを思ったり。

「シン・ゴジラ」を観たとき、はじめのほうからあった違和感の正体は、
ん? ああ、この世界の人々は「ゴジラ」を知らないんだ!! だったのですが、オリジナルでは伝説のゴジラがいたのですね。

Photo

HTB12とか?

Koori


まずは暑中お見舞い申しあげます。
氷菓をどうぞ。

さーて。

とっくに無関係になってしまったチームのファンは、他人事として楽しんでいますが。

セもパもいつの間にやらふたつのチームが激突して、けっこうすごいことになっていますね。

日ハムがんばれ!!
いつもいつも同じところを優勝させてばかりじゃつまんないよ。

広島も……
もちろん、私は広島の味方です。
ゴキじゃなくて、ウサギさんは嫌いなんだから、阪神ファンのサガなんだから。

けど、なんだろうな。
なぜか反感。嫉妬でしょうか。

とはいってもやっぱり、広島がんばれ。
ピンクと赤のガールズも必死で応援しているよ。

あれは数年前。
岡田監督のころ、阪神がメイクミラクルの餌食になった。
その前には広島もなったらしい。
その両方に、金本さんが在籍していたんだってね。

もうちょっと秋の近い時期だったはずだが、阪神はなんとか五割程度で乗り切っていた。
ところが、巨人が怒涛の勢い、破竹の勢い。
よそのチームは全員一丸となってゴキの味方をする、ように見える。

ならば阪神が自力でがんばるしかないのだが、ころっと三連敗した。
それでジ・エンド。
もはや再び這い上がる力は残されていなかったのです。

というのを思い出して、切なくなっちゃうわ。

今日も負けたら、広島の繁華街で酔っ払いファンが荒れそう。
ゴキのほうは優勝できなくても、まあ、よくがんばったね、ですむけれど、広島はそうはいかんでしょ?
逃げるほうがつらいよね。
ゲーム差、開きすぎたよね、早すぎたよね。

五回までに十点取って、徐々に迫られて、サヨナラ負け~~
って感じ?

ファンは自分ではなにもできないから、
闘うキミのことを闘わない奴らが嗤うんだろ……ってなことにもなるんだけどね、しようがないですよね。

ファイト!!


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ