ブログパーツリスト

counter

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年大晦日

「茜いろの森」
http://quianred.blog99.fc2.com/

こっちのほうばかり熱心に更新していて、「あかねのブログ」は放置気味でしたが、すこーしだけは読んで下さる方もいらしたようで、本年もお世話になりました。

今年はあまりいいことはなかった一年ですが、来年は新規一新、いい年になるといいな。
個人的にも、世界的にも、生きとし生けるものすべてに……。
なんてね、そんなの現実的じゃありませんけどね。

でもでも、来年はまた別の意味で……
ああ、うっとうしい、ってこともありそうで。
なんとか考えなくっちゃね。

それほど深刻ではないと言えばない、今年の大ニュース。
たまちゃん!! 

和歌山のたまはいなくなり、会津鉄道のバスは引退だそうで。
猫の駅長さんもちょっとずつ変わっていくのですね。

私もいいほうに変わっていかなくちゃ。
と、月並みな結論が出ましたところで。

bye bye 2015!!
みなさま、よいお年を~~!!

Kusa

ホームの雑草抜きにいそしむ、生前の駅長さん。


花燃ゆ3

姉が亡くなり、妹と残された夫が再婚する。
よくあった話なんでしょうか。

兄が亡くなり、弟と残された妻が再婚する。
これだったら第二次大戦後くらいまではよく聞いたんですけどね。

よくあったにしろなかったにしろ、私は好きじゃないな。
綺麗ごとにまとめてしまって……実は……とか、下世話な発想をしてしまいます。

次回は最終回かな。鹿鳴館に招かれたそうですから、夫婦でないと出席できない。
では、急遽籍を入れるか、といったところが真相ではないかと。
なんだって周囲の人々がああ大喜びするのか、理解できません。
あの時代、誰かと誰かの再婚なんて、あっ、そ、くらいじゃないのかなぁ。

というような、好き嫌いの問題なのでどうでもいいようなことも考えてますが。

やっぱりもひとつでしたね、今年の大河は。
私としては高杉晋作、もともと好きではなかったあの人物がいちばん、面白かったです。
狂気のひとだという印象が、破天荒な人物、に変わりました。

五人も子どもがいて、三人もに先立たれたお母さんの気持ちに想いを馳せてしまいます。
でも、しっかりした長男とその妻と、もっとしっかりした次女が残ったからまだいいのか。

あの次男はいまや偉人ですが、生きてる間は迷惑をかけたおしてくれましたものね。

久坂が残した息子についても。
あの時代はお家大事なのだからしようがないのでしょうけど、みなさん、寛大でいらっしゃる。

なんかどうもひっかかるのは、幕末から明治にかけてのドラマの中に、妙に現代的な部分がちらつくからなのかもしれません。この時代なのだから当然だ、ということどもばかりでは、現代に時代劇を描くのは無理なのかもしれませんが。

昨今は大河ドラマよりも、朝のドラマのほうがずっと人気ですよね。
時代的には大河と似たあたりの「あさが来た」も大人気のようです。私もちょっとだけ見ましたが、うん、まあ、いいんじゃないの? 朝のドラマってあまり見る気にならなくて、というか、大河以外のドラマを見続ける根性がないのです。

「あさが来た」も来年の大河も舞台は大阪。
真田ゆかりの地は我が家近くにもちょこちょこありますし、今度は主役が人気のある俳優なので、視聴率も取れるのかな? 大阪に旅をするひとも増えるのかな?

ただでさえ、近頃の大阪はアジアからの観光客であふれています。
どこに行っても、容貌は日本人に近く、日本語ではない言葉を話す方々がいっぱい。
ここに日本からの観光客も加わるのか?

あるいは、やっぱり大河は人気ないまま、だったりもして。

「新選組!」の山南さんを演じていたころには好きだったんだけど、その後、あのつめたーい目つきが嫌いになって、あの役者さんが好きではなくなりました。
なので、来年の大河はそれほど熱心にではなく見るつもりです。

Summer


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ