ブログパーツリスト

counter

« 弱いわ | トップページ | ニッポンの猫たちPART1 »

今どき映画ですね

六本木ではジャパン・プレミアムをやっていたそうで、主演のアンジェリーナ・ジョリーと、オーロラ姫役のエル・ファニングが登場しました。

大阪の試写会会場でもその様子が流されて、うーん、アンジェリーナさんってすごい。いくら外国人とはいえ、いくら女優とはいえ、これが私と同じ人間の女なのか……と。
エルお嬢ちゃまのほうは、お嬢ちゃまですね、若いですね。これからですよね。

七月から上映の試写会を見ましたので、ネタバレありかもしれません。たまたまここをごらんになった方で、ストーリィを知りたくない方は飛ばして下さいね。

「眠れる森の美女」の邪悪な魔女、マレフィセント視線で描いた物語です。アンジェリーナさんがもう、この役にはぴったりすぎて怖い。
美しすぎて怖い。

日本の女優だったら……江波杏子、夏木マリとか? 若手だったら山田勇がおどろおどろしいメイクをしたらなんとか? 日本人女優は可愛いタイプが多いから、オーロラだったらできるひとはけっこういるでしょうけどね。

最初は、なにこの愚かな女? 嫉妬に狂った馬鹿? って感じなのですが。
マレフィセントに呪いをかけられた姫を守るために、王は娘を三人の妖精に託して森の奥で育てさせる。いちばん気の毒なのは姫の実の母ですな。

好きでもない男と結婚させられ、産まれて間もない我が子と引き離され、夫はあれでこれで、しまいに病にかかってどうやら亡くなってしまったらしい。彼女こそ魔女として復活して……別のストーリィができそうです。

それはともかく、この妖精たちってのがアホでして。
ディズニー映画に出てくる女たちは、人魚でも妖精でも女の嫉妬や下らないお喋りや意地悪や、といったマイナス面に満ち溢れていて、ディズニーは女嫌い説にうなずけるのですが、いまだに継承してますね。

アホな妖精たちが姫を育てているのを見かねて、マレフィセントはついお節介を焼く。そうしているうちに母性本能が芽生えてくる。結局、女は「母」としてがいちばんだってか?

かなり無茶苦茶な育てられ方をしているものの、オーロラ姫はすこやかに美しく優しく成長していく。言い方を変えれば素直すぎて危険。本物の天然ってこんな娘を言うのですね。

そんなある日、罠にかかって殺されそうになったカラスをマレフィセントが救い、手下にします。マレフィセントに変身させられたマッチョな美青年が、なんだか妙に可愛い。カラスなのにね。
このあたりも今どきなんですよね。魔女のパートナーは夫でも彼氏でもなく、彼女を「ご主人さま」と慕い忠誠を尽くす従者。

十六歳の誕生日、日没前にオーロラは糸紡ぎ車の針で指を刺されて永遠の眠りにつく。
なにをどうしたってこれは変えられない。
この呪いは絶対に解けない。
ただひとつ、真実の愛の口づけのみが、姫を目覚めさせる。

マレフィセントがかけた呪いによって、その通りのことが起きます。
一応、愛の口づけをするために王子もいるのですが、役立たず。このへんも今どきだなぁ。

真実の愛の口づけって、なにも恋人同士ではなくてもいいのですよね。
そうしてオーロラは目覚め、父王とマレフィセントの最終対決に突入します。

妖精は鉄が弱点。ドラゴンに変身させられていたけど、もとがカラスだけに弱い。
目覚めた姫はマレフィセントが父王に奪われた翼を開放し、翼がマレフィセントのもとへと戻っていく。

若き日の王に裏切られて翼を盗まれ、愛していたつもりの彼は別の女と結婚して子どもをつくってしまう。
野望のために若き日の恋を踏みにじったのだから、「真実の愛」なんてないのだ。
オーロラ姫にマレフィセントがかけた呪いは、捨てられた女の嫉妬というよりも、大切な大切な翼への執着だったのかな。

「翼」ですものね。象徴的ですよね。

私の印象に残った部分を書きましたので、これだけ読まれても意味不明かもしれませんが、映画そのものはとてもよかったです。
ところどころ、ん? 結局女は「母」? だとかいう疑問もあるのですが、おおむねは面白かった。
ラストシーンは「スターウォーズ」と似ていなくもない。オーロラと王子は結婚するのでしょうか? でも、あれだと王子は女王の配偶者でしかなさそうですけどね。


Photo


« 弱いわ | トップページ | ニッポンの猫たちPART1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/56595138

この記事へのトラックバック一覧です: 今どき映画ですね:

« 弱いわ | トップページ | ニッポンの猫たちPART1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ