ブログパーツリスト

counter

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

初秋の薔薇

文化的なことにお金を使うのはお嫌いなようですが、派手なことなら大好きなどこかの市長さん。

御堂筋をライトアップするのも華々しくやっておられますが、中之島の薔薇はどうなのかな。市長は関わっているのかどうか。

薔薇は初夏のほうがたくさん咲くのでしょうが、秋にもいくつかの種類が咲いています。

130926_111401


130926_111501

九月のはじめにはわりに涼しくなり、今年は残暑がないのかなぁ、嬉しいなぁ、でも、このまま素直に秋になるとは信じがたい、と疑っていたら案の定、九月後半は相当に暑くて。

いったいいつまで三十度越え?
一時涼しかったから暑すぎてこたえる。
お彼岸もすぎたのに、なんだこの汗だらだらは。
陽射しはまるっきり真夏。

というような状態が続いていたのですね。

ようやくもようやくほんとにだいぶ風が心地よくなった初秋の日、大阪中之島界隈を歩いていました。薔薇の写真をちょこっとだけ。
初秋の薔薇は小輪の種類のほうが多いのかな?

ところが、また来週は暑くなるとか。
北のほうではストーブが必要だとかも聞くのに、大阪のこの気候はなに? ほんまに、ええ加減にせーよ、太陽。

辻褄合わせ

Photo

飼い主さんに連れられてお散歩中の黒柴ちゃん。この写真のような犬です。

前を行くクロシバちゃんがなぜか何度も何度も立ち止まり、私の顔をじーっと見る。飼い主さんも知らない女性だし、クロシバちゃんももちろん、はじめて会う子でした。

何度も何度も立ち止まり、振り返り、私を見つめるクロシバちゃん。飼い主さんはまったく気にしていない様子で、ほら、行くよ、と犬を促す。

そのうちには私が進もうとしていたのとはちがう方向に曲がってしまった飼い主さんに、クロシバちゃんは引っ張られていきました。「バイバイ」と犬にだけ手を振る私を、クロシバちゃんはまだ見ていました。

どうしてあんなに見るんだろ? 知ってる人に似ていたのかな、犬は知り合いの人間の顔だって覚えるしね。それにしてもあんなに犬に見つめられたのってはじめて。(/ω\)だったりして。

そういえばあの犬、東京の友人の家のクロシバちゃんと同じ種類だな。彼は二年ほど前に逝ってしまったから、もしかしたら私の近所の犬に……いや、そんなはずないでしょ、とそこまで考えて、はっと気づいたのです。

そうだ、あれはちぃの生まれ変わりなんだ。
一年前に死んでしまったちぃが、猫ではなくて犬に生まれ変わってきたんだ。口はきけないから、やっと会えた私の顔をじーっとじーっと見て、おい、気づけよ、鈍感人間、とか思ってたんだ。

猫のほうが犬よりもお気楽なのにね、犬に生まれ変わってしまったかぁ。ま、いいじゃない。近くに住んでるみたいだから、また会えるよね。

とまぁ、あのクロシバちゃんの注視に理屈(理屈になってませんが)づけるために、ファンタジックに考えてみました。単なる辻褄合わせ(合ってませんが)でした。

映画・ガッチャマン

科学忍者隊「ガッチャマン」は正義の味方。
地球の平和を守るため、日夜、悪と闘う。

ガッチャマンの主題歌は半分くらい知っていた。女の子と子どもと、男性がふたりか三人のチームだったかな。子ども向けのアニメ、真剣ではなかったけど弟と一緒に見ていたような。

その程度の予備知識で、なんの期待もせずに映画を観ました。

真面目堅物任務に忠実なリーダー、ケン。
筋肉自慢の力持ち、九州男児らしき単純青年、リュウ。
小生意気で頭のいい少年、ジンペイ。
可愛くてお茶目な美少女、ジュン。女子どもはふたりで一人前だもんね。だから、このふたりは姉弟。
暗い翳を漂わせた一匹オオカミ、ヨーロッパ帰りのジョー。

おー、このキャラクター設定からして「昭和」していますね。
昭和の男、昭和の友情、昭和の恋愛、昭和の正義、昭和の……そもそも平成の時代には恥ずかしくてできないでしょ、というような設定が目白押し。

たとえば、好きだった女を親友にさらわれても、笑顔で身を引いて祝福し、男の友情を選んだケン。
そんな過去を引きずっているのもあって、ジュンに恋されているのを知っていながら、あえてつれなくするケン。
ジュンを冷やかしながらも見守って応援しているジンペイとリュウ。

そんなんじゃなくてね。

ケンとジュンはおおっぴらにカップルで、人前でいちゃつこうとするケンに、仕事中なんだからねっ!! とジュンが怒るとか。
ジュンを奪い合うケンとリュウ。ジュンはあくまでもクールで、だったら俺とどう? などとからかうジョーに、心から冷やかにノーと断るとか。

私だったらそういう設定にするかなぁ。古いかなぁ。
私も昭和の人間ですから、発想はこんなもんですが。

いやいや、昭和の人間だからこそ、まったく期待していなかったからこそ、えらく面白かったのですよ。
SFXは本当に「今」で、今だからこそ実写であれができる。もとがアニメだったから可能な、あの大げさな基地(だったかな?)までやってのけられるんですものね。

すべてが昭和の時代のアニメに「平成」をすこしふりかけて、おそらくは事情も複雑にしたのでしょう。なのにやっぱり、敵に向かってケンやジョーが「おい、悪党」とか呼びかけるところが笑える。単なる悪党ではないんですけどね。

要するに、面白かったです。と、これが言いたかったのでした。
「ガッチャマンの歌」は映画よりもこっちがいいな。

http://www.youtube.com/watch?v=CN--geAHoRs

一年ののち

テンプレートが秋の浜辺に変わりました。

残暑はあるけど、今年はあまりの猛暑の逆影響なのか、案外早めに秋めいてきましたね。例年だったら今頃の大阪はまだうだってますよ。

昨年の7/24に、我が家の二十歳のおばば猫、ちぃが永眠しました。
早いものでもう一年、中年だったころのちぃの写真と骨壺と(こんなの、アップしていいんだろうか?)お花です。

この花はアートフラワーだから、くぅは興味ないかと思っていたのですが、やっぱり食べたがる。植物の匂いではなくて形が好きなのかな?
ぼろぼろにされたらちぃが怒りそうなので、隠しました。その前に写真を。

Imag08051chee

イロコトバ

テンプレートを秋らしくしたつもりなのですが、まだ反映されません。
向日葵もなかなか反映されなかったので、数日経てば代わるかもしれません。

さて、こんなの見つけました。

イロコトバ心理テスト

http://irktb.com/

あかねさんの心理テスト結果

自分がイメージする色によって、性格分析をするテストのようです。
以下、黒字が結果。色つき文字は本人の感想です。

善良な危ない先生

ぐうの音もでないほど聖人。

ええ? 先生だの聖人だのって、どういう意味だろ。

それなりに苦労を重ねてきたので、やるべき物事に対してはより慎重な態度で取り組む傾向があります。

 

あかねさんは細けぇことはいいんだよ!といった感じで些細な事は気にしない寛容な人です。
あかねさんはどうにもこうにも他人が苦手です。
理解を示してくれる人はありがたい存在です。

 

どうやらあかねさんは今は一般社会から少し離れた場所で生活を営まれているようです。
あかねさんは孤独に耐えれない性質なので、だらだらとずっと一緒に居れる仲間を求めてしまいます。

 

また、周りの人間を引っ張って行くことやリーダー役になることは苦手です。
あかねさんはいつも何か考えて行動してるような素振りを見せますが、実際はそうでもありません。

 

ビジネスや儲け話にはあまり興味が無く、派手に大きく稼ぐといった機会はあまりないでしょう。
派手に稼ぐことをしないかわりに派手に使うことも殆どありません。

 

結果より過程を大事にする性格と言えるでしょう。
友人に夢を熱く語ってしまうこともしばしば。

ひとりが好き、なんて言ってますが、本当は孤独に耐えられないの? 本当の孤独を知らないからわかってないのかな。
些細なことは気にしない、当たっております。

他人はそんなに、嫌いでもありませんが。
一般社会から少し離れた場所で生活、ある意味、当たっています。
お金にはあまり執着ない、悪く言えば金銭感覚がない。これも当たっております。

 
恋愛観が常軌を逸しているところがあり、なかなかどうしてな感じのあかねさんです。
やっぱり寂しがり屋のあかねさんなので、ずっと一緒に入れる人を基本的に募集中しています。

 

気がついたらなんでも相手の男性に頼りきってしまっています。
「お金が無くても愛があれば」などと人前では言っていますが、本音はお金持ちの相手を求めています。

 

男性とムードがありロマンチックと感じる場所などに行くと、ついつい口元が緩んでしまい胸の高鳴りをごまかせません。

 

フィーリングや感覚が一致する相手を選ぶのですが、それだけでは上手くいかないことを思い知ることになります。

常軌を逸してるって……そりゃあね、常軌を逸した小説は書くかもしれませんが、実生活はいたって平凡ですわよ。

 

人前でも、お金がなくても愛があれば、なんて申しません。恋はされるものであって、したほうが損をする、と身も蓋もないことを考えています。
他はね、現実では恋愛からはリタイアしていますので、小説を書く上での恋愛観という意味でだったら、そういうこともあるのかなぁ、ですね。

 

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ