ブログパーツリスト

counter

« qoo近影 | トップページ | ダイエット開始 »

2013大河ドラマ3

「とりとめもなく」

こういったドラマでは不文律みたいなものなのかもしれませんが、意地悪な私は勘ぐってしまいます。
実態はどうだったんだろ?

昭和半ばごろまでだったら長男と結婚したら、夫の家族と同居は当然だったのでしょうね。私の友人にも同居したひとがいて(昭和の終わりごろ)、夫の妹に「兄ちゃん取った」と言われるは、夫の母にはいびられるはで、病気になりそうで別居したと言っていたひとがいました。

彼女、気は強かったけどな……そうか、そうして鍛えられて強くなったんだ。
というのはさておき。

あんな小姑がいたらたまらんだろうなぁ、うらさん。
八重ちゃんは当時の女性としたら破天荒で、おてんばで裁縫が嫌いって感じですが、性格はいい。義姉にも親しもうとして、むしろべたついてもらえないので不満だった様子。
それでも徐々に仲良くなってはきています。

小姑と仲良しっていうのはいいのですが、こんなふうには思わないのかな。
あの娘、うちの旦那さまといちゃいちゃしすぎだべ? 旦那さまも妹には甘くてものすごく可愛がっている。変な娘は家事や織物よりも鉄砲にうつつを抜かしてて、旦那さまと仕事場にこもってなにか作ったりまでしている。

いやだなぁ、あの兄妹、おかしいんじゃないの?
ってね、今どきの妻だったらそう思う可能性もありますよ。
覚馬とうらが結婚したばかりのころは、そこまで夫に関心がないんだろうなと思っていました。女は夫の家に嫁いで苦労するのが当たり前。我慢するのも当たり前、の時代だったのだから。

先回のようなことがあって、むしろ夫婦が睦まじくなったようですから、これからのほうが妹に嫉妬したりして?
姑はとーっても優しいという設定だし、あんなことがあってもうらさん、ドラマの中では幸せそうですよね。実態はどうだったのか知らないけど。

今年の大河ドラマももう五回が終了しました。
女性が主役なだけに、彼女はまだ特になんでもないだけに、メインはホームドラマふう。あれだったらタイトルを「覚馬と八重」にしたほうがよかったかな、って段階です。

主役たちのサイドストーリィでは、時代がうねってます、轟音を立てて動いています。すでに桜田門外の変まで進み、吉田松陰も死にました。小栗旬が演じただけに、見せ場もありましたね。

今のところは私は川崎尚之助さんが好き。大好きなあんつぁまと、兄の親友であり、八重にも思いやりを注いでくれる男性とに囲まれてるって、どこかしら少女漫画的シチュエーションで、女の子の憧れでもありそうですね。

あと、時尾ちゃんが好きです。
高木時尾、のちの新選組斎藤一の妻となる女性で、詳しい人生などはわかっていないそうで、それゆえに小説家が好き勝手に料理するのです。映像で時尾ちゃんを見るのは私ははじめてですが、小説や漫画ではちらほら見ました。たいていは気の強い女性に描かれています。

私も時尾さん、何度も書きました。私の「時尾」の若き日は、「茜いろの森」(http://quianred.blog99.fc2.com/)にもいますので、興味を持って下さったら「時代もの」カテゴリを見てやって下さいね。

貫治谷しほりさんって、「龍馬伝」でさな子さんを演じていたときから注目していました。さな子さんは描き方がちょっと気に入らなかったけど(龍馬をあくまでもかっこよくするため、彼の行為を正当化するためかな?)、それからもテレビで見て、可愛いな、いい感じだなと思っていました。

女優さんには点がからいので、大嫌いな女はよくいても、好きな女優は少ない。その点、貫治谷さんや綾瀬はるかさんは嫌いじゃないので、このドラマは配役からしてもいいな。照姫は気持ち悪いけど、「白虎隊」の照姫よりはましだし。

« qoo近影 | トップページ | ダイエット開始 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

女優さんには点がからいので、大嫌いな女はよくいても、好きな女優は少ない

↑おお、そうですか?
朱鷺は、俳優さんは男女に関わらず「名前を知りません(ーー;」。
どんだけ気に入ってもその映画やドラマの役名でしか覚えていないので、あの映画であの役やった人、としか語れないんです。芸能界音痴なんで(^^;

で、朱鷺が好きなのは、柳葉さん(『踊る大捜査線』で室井さん演ったときが一番良かった!)。天海さん(ええと『離婚弁護士』とか『ボス』とかに出た女優さん)それから藤田まこと(シブイっ♪)比較的若い人では妻夫木さん(これ、漢字合ってる?(・・;)あとは~女優さんではないけど、ベッキーは好きです。
って感じで、ほら、あの人! という感じでしか覚えておりません。
ああ、あとは『ガリレオ』の教授役の人。ええと、本当は歌手なんだよね。あの人はあの役を演ってるときが好きでした。ははは。

ああ、なんか関係ないことばっかり!
しかし、結局、朱鷺はどうも時代劇にアレルギーがあるのか?
観ようと思いつつ観てなくって、あかねさん宅で進み具合や感想などをチェックして満足しております。
ふふふ。
今後共、よろしくお願いいたします♪

あ、でもあかねさんが書かれた時代ものは、その内拝読させていただきたいなぁ、と思いました(^^)

朱鷺さんへ

コメントありがとうございます。
私も芸能人、特に今どき流行りのひとはあまり知りませんが、朱鷺さんが書いてらっしゃるひとたちは知ってます。
ガリレオの教授(東野圭吾氏は好きですが、あのシリーズは嫌いですので見てませんが)って、龍馬もやった福山雅治ですよね。福山くん、好きではなかったのですが、龍馬はよかったなぁ。龍馬にすれば綺麗すぎて爽やかすぎましたけどね。

朱鷺さんが読んで下さった「トシちゃんとハジメちゃん」の主役ふたり、山本耕司とオダギリジョーは、あのころは好きでした。
今でもけっこう好きです。

女優さんでは、女々していないタイプが好き。
男優さんは、暑苦しくないタイプが好き、なのかな? 
その点、今回の大河は配役もいいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/49238602

この記事へのトラックバック一覧です: 2013大河ドラマ3:

« qoo近影 | トップページ | ダイエット開始 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ