ブログパーツリスト

counter

« こんなに細いの | トップページ | 酷暑お見舞い申し上げます »

ちぃのいない朝

2012年7月24日、イチロートレードの話題で持ちきりだった日。

ちょうど20年前に我が家にやってきた猫のちぃが、遠いところに行ってしまいました。

実家のご近所のみなさんに可愛がられていた、半野良みたいな「ちび」が仔を産んだ、そのうちの一匹、あまりにも可愛い顔をしていたのでもらってきたという、そんな理由でうちの子になった猫でした。

母猫が若いころに産んだ仔は丈夫だといいますが、本当にその通りで、二十年間で病院に行ったのは、予防接種と避妊手術と結膜炎一回、それだけ。風邪も引いたことがない、おなかもこわしたことがない。

そんな健康なちぃも寄る年波には勝てず、だいぶ前から耳が聞こえず、目も見えず状態になっていました。

四ヶ月ほど前からは紙おむつをするようになり、方向感覚もおかしくなって、時々家の中で徘徊したりして。

そしてここ三日ほどは動かなくなり、食べなくなり、目がくっついたようになっていて、異臭までしてきていました。

昨日のお昼前、私の手から水を飲み、また眠ってしまったと思っていたら、びくっ、びくっと痙攣して、それで息が止まってしまった様子。こんなに静かに死んでしまうのですね。

ずいぶん前に拾った猫が急死したのを見て以来、目の前で猫が死んだ。でも、苦しむこともなく大往生だったし、死に目に会えてよかった。

夜になって動物霊園に運んでいき、お葬式をしてもらい、荼毘に付してもらい、お骨ももらってきました。

パソコンをしている私のうしろの白いシートの上で、いつだって寝ていたちぃ。今日ははじめて、そこにはいない朝です。ちぃの身体は骨になってしまったけど、今ごろは魂がふわふわと我が家に戻ってきているかも?

もう一匹の猫、くぅもはじめて、昨夜はひとりで寝たんだね。
寂しいけど、近いうちにはまた仔猫がほしいなぁ、なんて思っています。

別のところでコメント下さったみなさま、ありがとうございました。
ちぃはきっと幸せな一生を送ったのだと信じています。二十歳、年齢に不足はないしね。

« こんなに細いの | トップページ | 酷暑お見舞い申し上げます »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/46454109

この記事へのトラックバック一覧です: ちぃのいない朝:

« こんなに細いの | トップページ | 酷暑お見舞い申し上げます »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ