ブログパーツリスト

counter

« あれれ? | トップページ | 読書ノート13 »

ドラマ「新選組血風録」

日曜日のお昼過ぎ、NHKで地味に放映しています。
あんまり話題にもなってないようですが、けっこういいドラマですよ。

主人公は土方歳三、永井大。
名前と顔くらいしか知らない役者さんでしたが、そこそこ綺麗だし骨太でたくましい感じで、このドラマの土方歳三像にはお似合いです。

どうしても大河ドラマ「新選組!」の印象が強くて、トシさんといえば女たらし、だったりするのですけどね。
ここのトシさんはストイックだなぁ。
お美代さんに対するふるまいなどを見ていると、むしろくすぐったくなって笑ってしまいます。
まあね、私も新選組小説、書かせてもらってますので、このドラマのトシさんには、無理しなくていいんだよぉ、と言いたくなったりして。

近藤勇、宅間孝行

まったく知らない役者さんでしたが、司馬遼太郎作「新選組血風録」の近藤勇としては適役だと思えます。

この小説の中では近藤さんは脇役ですものね。
どっちかっていえば存在感薄いし、頼りないし。

「今宵の虎徹はよく斬れるのぉ」が古い時代の近藤勇。貫禄のある冷徹な新選組局長。
だったはずが、「トシ、どうしたらいい?」の近藤さんのイメージのほうが強くなってしまったのは、なんといっても司馬遼太郎の功罪でしょう。

沖田総司、辻本祐樹

このひともまったく知らなくて、誰? だったのですが。
いやぁ、いいですね。辻本総司は。

彼、殺陣がうまい。
なんだかすこーんと突き抜けて、どっかしら病気か?
明るすぎて変、という、やはり司馬遼太郎作「新選組血風録」の沖田総司をとてもうまく演じていると思います。

ご本人のブログをちらっと読んだところによりますと、「もっと沖田総司やりたーい」だそうで、本当にもっとやってほしいです。

この三人がメインで、他の役者さんはあまり印象は強くないのですが。
芹澤さんもけっこうよかったし。
新見錦はなんと、キャラメルボックスの細見大輔さんが演じていて、生の細見さんを見たこともある私としてはなつかしかったし、出世したんだなぁ(ですよね)でした。

「胡沙笛を吹く武士」なんかはとってもよかった。
魔性の女めいたところのある京の女に恋をして、守るべきものを得て気弱になった武士。
人間としては当然の姿なのに、新選組隊士としてはそれでは士道不覚悟である。

「逃げよう」と言い出した夫に、「いややわ、うち、うちは京の女や。よその土地でなんか生きられへん」と言い放つ身重の妻。
 
 原作にはいないキャラも出てきますし、かなり脚色もしてありますが、じっくりしたいいドラマです。忘れかけていた「新選組」にまたちょっとはまってしまった。

それでもって、ケータイ小説で新選組ものを読んでるんですね。
いや、NHKのドラマと較べたらいけませんけどさ。
この後は愚痴ですので、そんなの読みたくない方はここまでってことで、よろしくお願いします。

ケータイ小説「新選組もの」について。

「今は何年?」
「1863年ですが?」

 タイムトラベル(私も使いますのでとやかく言えませんが……苦笑)してきた女子高校生の質問に、沖田総司が西暦で答える。はぁ?

「山本、おまえは女中をやれ」
「山本さん、がんばって下さいね」

 あのさ、この時代、女性を姓で呼ぶ習慣はないと思うんですが。
 時代劇を見ても、そんなふうには呼ばないでしょ。そもそも姓のあるような女性は、新選組の荒くれ者の前に出てきませんしね。
 なのになぜ、ケータイ作家さんはタイムトラベルしてきた女子高校生(山本、は仮名)に、姓で呼びかけさせる? 流行か。ものすごい違和感を覚えます。

「シャンプーもトリートメントもない。髪を石鹸で洗う」

 石鹸も庶民には手が届きませんが。

「山本をどの部屋で寝させるんだ?」
「俺はいやだよ。土方さんの部屋でいいだろ」

 あのぉ、初期の新選組だったら八木さんのお宅で寝泊りしてるんですが、家族もいるし、幹部でも個室は使ってないと思うんですよね。
 局長、副長あたりは個室を使っているのだとしても、女性を泊めるんだったら隊士の誰かが誰かの部屋にころがり込んで、彼女に個室を貸しませんか?
 のちの展開の都合上、そうはできないのだとしても、見事にどの小説も、タイムトラベルしてきた女子高校生は誰かの部屋に同居します。

「私。ひとりで着物を着られないっ」
「……着せてやるよ」

 幕末の男性は女性に着付けをしてあげられるんですか? すごいなぁ。

 その他、一人称と三人称の区別のついていない方やら、武士と町人の服装の差もわかってなさそうな方やら、着流しってなんだか知ってる? 袴ってどんなものか知ってる? った方やら、敬語と丁寧語をごっちゃにしてる方やら、「呼び捨てにしていいよ」と初対面の若い娘に言う武士やら、とんでもなさすぎるー。

 私も自分の知識に自信がないので、言う資格はないと思いますけど、いくらなんでもあんまりだわ、あんまりだわ、とぐじぐじ言いつつケータイの「新選組小説」を読み、私も書きたいと思うようになってきた次第であります。

 

 

« あれれ? | トップページ | 読書ノート13 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/46315083

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「新選組血風録」:

« あれれ? | トップページ | 読書ノート13 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ