ブログパーツリスト

counter

« 読書ノート12 | トップページ | 今さらながらケータイ読みもの »

文体と形態

素敵な小説を書かれるサイトにお邪魔しておりましたら、こんな診断をなさっていました。
早速私も真似してやってみました。
赤字は著者の感想と申しますか、弁解です。

文体診断
http://logoon.org/

小説形態素解析CGI
http://www.ennach.sakura.ne.jp/

☆しりとり小説12「梅田・茶屋町」診断
http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-657.html

文体診断結果
一致指数ベスト3

名前 一致指数 リンク
1 阿刀田高 84.9 Wikipedia 
2 海野十三 81.8 Wikipedia 
3 新美南吉 79.9 Wikipedia 

ほおほお、えらく古い作家さんばっかりだなぁ。阿刀田さんだけが現役?
阿刀田さんは一時けっこうファンでしたので、嬉しくなくもないです。

海野十三氏は私も以前に何冊かは読んだ、古典こてん(横順先生のSF古典こてん)SF作家。ふーむ。

新美南吉氏はかの有名な「ごんぎつね」ですよね。うちのブログに「ごんぎつね」のパラレルストーリィをアップしていますので、妙な縁を勝手に感じております。
http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-522.html

こんなにも古い方と一致って……そんなに私の文体は古いのか?
そういう意味ではないのか? 悩むところではありますが。

一致指数ワースト3

名前 一致指数 リンク
1 岡倉天心 42.2 Wikipedia 
2 岩波茂雄 50.3 Wikipedia 
3 吉田茂 53.2 Wikipedia

いや、小説家ではないような……。
そりゃ一致しないでしょ。いいんですけどね。

文章評価

評価項目 評価とコメント
1 文章の読みやすさ B 読みやすい
2 文章の硬さ D 文章が柔かい
3 文章の表現力 A とても表現力豊か
4 文章の個性 A とても個性的

文章の硬さ→柔らかい。妥当な評価だと思います。柔らかすぎるってことでDなんでしょうね。
なのに、明治の作家さんたちと一致するってのは矛盾がなくもないような。
むにゃむにゃってなってしまいますね。

阿刀田高先生があなたの味方です。がんばってください。

はい、ありがとうございます。

やや会話文が多めの文体となっています。
 かな:漢字の比率は読みやすい範囲だと思われます。
 ネット小説としては1つの文章が長い方に分類されますが、読点の比率も高く読みやすいと思います。
 

 地の文に少しだけ口語が混ぜてあるようです。
 文体やテンポにもよりますが、平均と比べだいぶ副詞が少ないようです。
 指示語の多用は見られません。

 接続詞が多すぎず少なすぎず、うまく挿入されています。
 体言止めが平均より多めに使われています。
 ところどころに連用中止法が使われています。

 自立語における名詞の比率は平均の範囲内ですが、どちらかといえばやや高い方かもしれません。名詞比率は文章が説明的・要約的かどうかに関係します。
 物事を形容する言葉より、動きの描写が多いようです。

☆小説302(Never never defeated)診断
http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-652.html

やや地の文が多めの文体となっています。
 かな:漢字の比率は読みやすい範囲だと思われます。
 1つ1つの文章の長さは平均的です。読みやすいと思います。

 地の文に少しだけ口語が混ぜてあるようです。
 文体やテンポにもよりますが、平均と比べだいぶ副詞が少ないようです。
 指示語の多用は見られません。

 接続詞が少なめです。文章運びはテンポ・感性重視のようです。
 体言止めはほとんど使われていません。
 連用中止法の使用頻度は平均の範囲内です。

 若干説明寄り・要約寄りな文章展開のようです。具体的には、自立語における名詞の比率がやや高いようです。
 物事を形容する言葉と動きの描写の比率は平均的な範囲です。MVRが低いと動き中心、高いと形容中心となります。

ふむふむふむ。
私の小説っていうのは数だけはアホみたいにありますが、たぶん傾向は同じでしょうから、ふたつだけやってみました。
勉強になりました。ありがとうございました~。

ホームページ
このサイトについて
Copyright : (C)2008 文体診断ロゴーン All Rights Reserved.

« 読書ノート12 | トップページ | 今さらながらケータイ読みもの »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お邪魔いたします。
やはり一致指数ワーストは、岡倉天心だったみたいですね(笑)

>こんなにも古い方と一致って……そんなに私の文体は古いのか?

結構みなさん、昔の方の名前が出てきているみたいですね。
当方のように、ベストの方に『小説家かどうか怪しい方』の名が出てこないのは素晴しいw
阿刀田高は、当方も昔からよく読んでました。
〝文章の硬さ〟に関しては、同じDでも『文章が硬い』と出ることがあるので、
どういう基準で判定されているのか非常に気になるところです。

それはそうと、面白い企画ですね。『しりとり小説』!!
ではでは、コメント失礼いたしました~

童半さまへ

コメントありがとうございます。
みなさん、古い作家さんが出てきているとお聞きしまして、安心しました。

そういえば童半さんの一致ベストに「松たか子さん」がいらっしゃいましたね。
松たか子さんって文筆のお仕事もなさってるのでしょうか。

浅田次郎さんもいらっしゃいましたよねぇ。
私は当世人気作家の中では、浅田次郎さんの文章力はベストに近いと思っていますので(すべての作家さんの文体を知っているわけではありませんが)、童半さんもすごいなぁと思いました。

しりとり小説のほうも読んでいただけたんですよね。
よろしければまた、私のブログにも遊びにいらして下さいね。

お久しぶりです。ご無沙汰してます。

なかなか読みごたえのある記事でした。ほほおお・・という感じ。
岡倉天心さん・・・ですか。すみませんが私、ほとんど文章を読ませていただいたことがありません^^;

またあかねさんの小説の世界にもゆっくりとお邪魔したいと思います。
とりあえず、私も色々ありますが生きてますので・・・^^

美月さん

いろいろとお心を痛めておられるでしょうに、読んでいただいて、コメントもいただいてありがとうございます。

今は小説を読んだり書いたりする気分ではないでしょうけど、時々は息抜きもして下さいね。

岡倉天心さん、私もなんとなくしか知らないのですけど、この診断、やってみた方の中では、「一致しない」によく出てくる方みたいですね。
そのうち、美月さんもやってみられたらいかがでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文体と形態:

« 読書ノート12 | トップページ | 今さらながらケータイ読みもの »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ