ブログパーツリスト

counter

« NYANYAたち | トップページ | 長い一日 »

テレビとDVDで

テレビというものは見はじめるとだらだら~と見続ける。そういうことってありますよね。私はどちらかといえばテレビは嫌いで、積極的に見るのはプロ野球くらいのもので、自由になる時間は書いていたいほうで。

だからっていつでも書けるわけでもなく、ひとりの夜にクライマックスシリーズの、結局は最終戦になったヤクルトと中日の試合を見ていました。

あーあ、やっぱり中日か、つまらないのーっ、の気分で、続けて観たのが「南極大陸」。はじめて見たのですけど、舞台がALLDAYSに近い時代だったりするせいか、わかりやすいですね。人間関係もおよそは把握できた感じ。

わかりやすい分、けっこう面白いし、それにしてもキムタク、ごつくなったな、おじさんになったな、という感想でした。着膨れてるってのもあるのでしょうか。

そのあともテレビを見たい気分だったので新聞のテレビ欄を見ると、「悪人」やってる。すでに一時間経過しているけど、原作は読んだからわかるだろ、ってわけで、そっちも観ました。

たいていは映画は原作を超えない。「パラ○○○……」なんとかなんかは、観るだけ時間の無駄的映画になってましたけど、これはよかった。

もはやところどころ原作を失念してしまっていて、あんなシーンがあったのかなかったのか、忘れているザル頭ですけど、映画とは結末はちがってましたよ。私にはむしろ、映画のラストシーンのほうが説得力があったかも。

原作のほうでは執拗なまでに描写される脇役の誰かに感情移入してしまうのが普通だろうと思われ、私は殺された女の子の父親にものすごく思い入れました。でも、映画だとあの父親は、怒りのもっていき場がなくて八つ当たりしていると見えなくもなく。

人は皆、自分と自分と深い関係のあるひとだけが大切なのだなぁ、と。当たり前ですけど。

映画では私は、犯人の祖母に多大に感情移入しました。役者さんが上手だからというのもあるのでしょうね。

そして昨夜、レンタルDVDで「BECK」を観ました。こんな漫画があるとも知らず、少女マンガ? と思っていたのですが、少年マンガだそうです。

「友情、闘い、勝利」。少年マンガの三原則、きっちり入ってますね。女の子の扱い方とか、アメリカの悪の組織みたいなのがからんでくるところとか、少女マンガではないな。少女マンガにだって「バナナフィッシュ」みたいのもありますけどね。

いやぁ、これがまたよかった。佐藤健くんは本当に高校生に見える。ただね、彼の演じるコユキのヴォーカルが一切音なしって……佐藤くんは歌が下手で、音を出すと説得力ゼロになるからか。私にはそうとしか考えられなくて、だとしたらお粗末だなぁ。

かといって歌はうまいけど演技が下手だとか、顔がひどいとかって役者は使えないし、吹き替えってのもださいでしょうから、ああしかできなかったのかな。あそこは玉に瑕でした。

水嶋ヒロくんはとことん決まる。サクくんも可愛かった。千葉は本当にラップもうまい。桐谷健太くんだったか、彼、本当にやってるんじゃないのでしょうか。雰囲気もなにもかも、千葉くんが一番のはまり役に思えました。

タイラくんはちょっとね、かっこはいいけどロッカーじゃない。原作もそうなのだとしたら、それはそれでいいんだろうから、近いうちには原作も読んでみたいです。

ロック大好きな私には大満足。私の小説にも使わせてもらえそうなヒントもあって、観てよかったなぁ、の「BECK」でした。

BECKの演奏する音も好き。CDはないのでしょうか。

« NYANYAたち | トップページ | 長い一日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。こっちはココログ広場から飛んできました。
広場にあかねさんの更新載ってたから。

そうですかあ・・「悪人」私も見たかったなあ。見逃しました。
どうでもいい話ですが(笑)私は今ドラマの「蜜の味」にはまってます。
あの、見た後の後味の悪さがたまんないですね。
来週はどうするんだろう・・・この展開・・という感じで。

あはは・・・すみません。たわいもない話しでした。小説はじっくり読ませていただきたいので、またお邪魔しますね。

美月さん

コメントありがとうございます。
私は普段はドラマはほとんど見ないので、「蜜の味」も知らないのですけど、後味悪いんですか? 好みかも。

あ、リレー小説第二弾、こそこそ企画していますので、
決まりましたらぜひとも、ご協力お願いします。

茜さん、私は「BECK」映画館で2回観ましたよ~(^^)v

健くんのコユキの歌声は、確かにそう思われると思いますが、原作を読んでいただければ、あれはあれで、仕方が無いのかと・・・・映画化を知ったときから、息子と二人で
「どうすんのかな~?」って言っていたので・・・・(^_^;)

本当に原作が\(#⌒0⌒#)/ ダイスキッ★で観た映画ですが、メンバー4人ともがイメージを壊さない・・・むしろ、膨らませる大好きな映画です(⌒^⌒)b♪♪

平くんの向井理さんは、あの美しい上半身だけで充分に平くんを演じていたと・・・( ̄¬ ̄*)じゅるぅ
許してあげてくださいm(_ _)m… 

桐谷健太さんは、当初、吹き替えの予定だったのを、ご自分が歌わなければ意味がないと、監督にビデオレターまで送られたそうです。本当に千葉役良かったですよね~( ̄ー+ ̄)!

乃梨香ちゃん

コメントありがとう。

そうなのね。大好きだったのなら、もしかして原作、持ってます?
私も読みた~い。

昨日、テレビでやってたでしょ?
ううーっ、レンタルして損したと思ったものの、録画しましたから、損はしなかったかも。

原作を損なっていない映画は珍しいですよね。
原作が大好きで見た映画に失望させられた経験は数知れずですもの。
細かい部分については、原作を読んでからまた書きますね。

mixiから飛んできました。
BECK、テレビでやってましたよね。
見そびれてしまったあ。
佐藤君も水嶋ヒロも仮面ライダーに
出てた頃は良く知ってんだけど。
この頃、別人になっちゃって。
嬉しいような、寂しいような、です。

きのこさーん

コメントありがとう。
仮面ライダー役者って成功した人が多いんですよね。
BECKは面白かったですよ。
録画した分、DVDにして、よかったら今度持っていきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/42951499

この記事へのトラックバック一覧です: テレビとDVDで:

« NYANYAたち | トップページ | 長い一日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ