ブログパーツリスト

counter

« よーく見て下さいな | トップページ | NYANYAたち »

128・僕らのmerry-go-round

「一週間に一冊、小説を読むのをノルマにしている。

やればやれるじゃん、って自分を褒めてます」

そんな文章を読みましてね、そうか、人によっては小説を読むのは勉強なんだ。小説を読むと自分を褒めるんだ。ふーーん。

カルチャーショックでありました。私は一週間に一冊しか本を読まないと、今週は忙しかったから、娯楽に使う時間が少なかったよね、と思います。

それはまあ、勉強になる小説もあるのでしょうけど、毒にも薬にもならぬ、勉強にもならぬ、娯楽にもならないかもしれず、せめてみなさまの息抜き、暇つぶしにでもなればいいなぁ、という小説(のようなもの)を書いている津々井茜です。

オンライン小説って、「小学生みたいの作文みたい」などと酷評される場合もありますが、少なくとも私が読ませてもらっている方々のは上手ですよ。ひとさまの文章を「上手」などと言うのもおこがましい、私、下手、と落ち込ませていただいてます。

世の中はなににしても玉石混交、ですよね。

本日は岡本真夜「僕らのmerry-go-round」。タイトルが物語に合うので拝借しただけです。歌のほうには興味はありません。このころのヒットソングにはそんなのが多いかな。

主人公は乾隆也。酒巻國友視点の続編もあります。

近頃流行の「スピンオフ」って、私の書いてる形式もさすのですよねぇ。ずいぶん昔に書いていた美少年オンパレード小説で、誘拐ストーリィを書き、そのときにメインキャラたちの視点をくるくると変えて使って書いたのが、私のこの形式小説のはじまりだったと記憶しています。

この形は私には合ってますので、フォレストシンガーズストーリィでも多用しているのでした。

今回は脇役はミズキ。私のもうひとつのロックバンドストーリィ、グラブダブドリブの中根悠介の親戚の子……その事実はある日、あるときまでは著者の私も知りませんでした。

乾くんを嫌っているミズキと、乾くんが遊園地で会って語り合う。乾くんの胸のうちには過去も去来し、例によって四の五の考える。それだけのストーリィです。

http://quianred.blog99.fc2.com/

「茜いろの森」で連載していますので、よろしくお願いします。

Photo

« よーく見て下さいな | トップページ | NYANYAたち »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

本当に、小説を読むと浮世のことすべて忘れさせてくれますよねε=(・o・*)

茜さん、あんまりご自分の文章のことを卑下した書き方をしはったら、いやみですよ(*'へ'*)ぷんぷん

私なんてどうするんですか?(ノ△・。)

乃梨香ちゃん

いつもコメントありがとう。

いえ、あのね、卑下だなんて大層なことではなく、
大阪人特有のセルフ突っ込みなんですけど。。。

関東のひとなんかにはよく言われるんだけど、
これって本当に大阪人しかやらないの?
近い土地のひとにも通じないのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 128・僕らのmerry-go-round:

« よーく見て下さいな | トップページ | NYANYAたち »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ