ブログパーツリスト

counter

« 97・Dio, come ti amo&地球外生命体? | トップページ | 官能テイスト »

二枚のアルバム

「serenade」&「Nocturne」

ネット上で知り合って、彼女も私も小説を書くということもありまして、親しくさせてもらうようになったINEKOさんのCDアルバムです。

だいぶ前から、アルバムが完成したら教えてねとお願いしていて、ちょっとの間はふたりが話す機会もなかったのもあって、最近になって完成を知り、送ってもらったのです。

シンガーソングライターINEKOさんですから、彼女が書いて彼女がピアノを弾き、彼女が歌っている五曲ずつ×二枚のアルバム。

送ってもらった日にウォークマンに取り込んで、ひとりしみじみ浸らせていただきましたよ。

「serenade」は
「会いたい」、「Lonely night」、「あなたが悪いもん」、「おうちへ帰りたい」、「ありがとう」。

「Nocturne」は
「ためいき」、「天使に祈りを」、「あの頃に二人はいた」、「空を駆ける雲のように」、「涙の数だけ」。

そもそものアルバムのコンセプトが「切ない」だったそうで、聴いている私もとーっても切ない。詞も曲も切なくて切なくて、その切なさがいい気持ちなのですね。

「初めての 弾き語り特集で しかも ライブ録音に拘ったものなので・・・
ドラムやベースなどの楽器は入ってないのですが・・・。
こういう作り方は 非常に難易度が高かったです。
それまでは、ロック調にしたりとアレンジを加えて アルバム制作してきていたのですが・・・。
ピアノの弾き語りでの活動の原点に返った 2010年でしたので・・・・
凹みながらも なんとか 完成させた 記念品みたいなものです。
ライブハウスで、弾き語るのと ほぼ同じだと思います」

INEKOさんご自身の言葉から引用させていただきました。

歌というものを表現するには、私の語彙や表現力では足りなさすぎます。ただ、この切なさが好きなひとにはたまんないだろうなぁ、とだけ。私にもたまんなく好きな世界です。「切ない」ってなんだかこう……Sっ気の強い私にもわずかにはあるはずのM心をくすぐるっていうか……ちがうか。表現が悪すぎるか。

いえ、SとかMとかってね……そんな話をINEちゃんとしていたのもあるし、そこから生まれてきたものがあるし、ってなわけで、話がそっちにそれていったのでした。

だから、上手に表現できないのが大変にもどかしいのですが、素敵な世界です。

それから、INEちゃんは声がとーっても甘くてセクシーなのですよ。webラジオをやっておられるので、声は知っていましたが、歌うといっぷうちがってるのか、ちがってないのか。声質と切ない歌がぴったりマッチしています。

色っぽい女性の声は女性が聴くとちょっと、だったりする場合もあるかもしれませんが、私にはINEちゃんの声は心地よい。男性が聴くとうっとりとろとろーっでしょうね。

聴いてみたいと思われる方は、このブログにコメントをちょうだいませませ。一枚1000円でございます。私の下手な文章よりも、百聞は一見にしかず、ってか……反対でしょ。百見(私のブログ)は一聴(アルバムを)にしかず、です。

下手な写真を添えておきますね。わかりにくいでしょうけど、アルバムジャケットです。

St310017

« 97・Dio, come ti amo&地球外生命体? | トップページ | 官能テイスト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

茜ちゃん^^こんばんは^^。
こういうのって、本人がコメントするべきか…
ちょっと迷ったのですが(苦笑)
でも、記事にして下さったお礼にコメントします^^。

アルバムを聴いて下さってありがとうございます。
そして、このようにご紹介下さって、ありがとうございます@@。
口コミで このように少しずつでも 広がってきた昨今、本当に皆さんに励まされてます。
茜ちゃん ありがとうね^^。

もしも、茜ちゃんのご紹介で 気になる方がいらっしゃいましたら、Inekoの公式ブログへお立ち寄りくださいませ。
「Inekoのお部屋」
http://star.ap.teacup.com/ineko-music/

また、ネットでラジオを流しております。
番組内でも、数々の作品を紹介してます^^。
よろしかったら、お立ち寄り下さい。
「Inekoのレインボウマジック」
http://www.voiceblog.jp/rainbow-magic/

茜ちゃん^^小説読ませて頂きました。
今回は、筆が進むの…早かったのかなぁ^^。
いろんな探求をご一緒して下さって、楽しかったです。
今後も お互いに 創作 がんばりましょうね☆彡

長々と失礼致しました。

inekoさま

ご丁寧にありがとうございます。
私のブログではなんのお役にも立てないでしょうけど、たくさんの方がアルバムも聴いてくれているでしょうし、輪がさらに広がっていくといいですね。

小説もぜひぜひ、またコラボしてやって下さい。
私には書けない世界というか、女性を描いてくれるいねこさんに感謝と期待を❤

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/37450036

この記事へのトラックバック一覧です: 二枚のアルバム:

« 97・Dio, come ti amo&地球外生命体? | トップページ | 官能テイスト »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ