ブログパーツリスト

counter

« ファイト!! | トップページ | ス・キ・ヨ »

95 ・Too young

往年の大スター、ナット・キング・コールの名曲です。日本でも大勢のシンガーやグループが歌ってますよね。

「恋にはやすぎるなんてない」けれど、「遅すぎた恋はある」と切ない気持ちになっている主人公は、乾隆也です。

そんな乾くんに片想いをして泣いている女もいて、乾くんってば罪なひと? こんな奴のどこがいいんだ、っとお怒りの貴姉もいらっしゃるとは思いますが、乾くんってもてるんですよね。

近頃、乾隆也を書いていると思います。彼って受け取りようによっては(よらなくても?)鼻持ちならない奴なのかなと。

そんなことないよ、と言って下さい。著者としましては、乾隆也を魅力的に書こうと心を砕いているのですよ。ちっとも成功しないのは、むろん筆力不足、表現力不足のせいですが、乾隆也のかっこつけも一因では?

思えばいちばん最初にフォレストシンガーズストーリィを読んでくれた友達は、「乾くんが興味深い」と言ってくれて、著者は嬉しかったのです。

でも、あれからみんなキャラが微妙に変化したし、乾くんも変わったし、長く書いてると細かくなって、むしろ魅力が減っていってるのか。

などなどと悩みつつも、四部以下の作品は短いのが多いので、あまり解説する事柄はありません。短いだけにお手軽に読めますので、どうぞよろしくお願いします。

小説はこちらです。

http://quianred.blog99.fc2.com/

2d49a7a179222f7a

« ファイト!! | トップページ | ス・キ・ヨ »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 95 ・Too young:

« ファイト!! | トップページ | ス・キ・ヨ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ