ブログパーツリスト

counter

« 大河ドラマ・龍馬伝part7 | トップページ | mixiリレー小説 »

音の新規開拓

The bawdies 公式サイトはないのかな? 検索するとファンのブログにはヒットしますが、私が以前に書いたものまでが出てきますので、取り上げているサイトは多くないってことなのでしょうね。
紀伊国屋のCDコーナーには置いてませんでしたし。

売れ筋というのか流行りものというのか、そんな感じではなくて、案外中年が好きな音楽かな? とも思うのですが、なにが売れるやらわからない業界なのですから、どうなるのかは素人にはさっぱりわかりません。

でも、もうじきやる大阪の小さなホールでのライヴチケットはソールドアウトしたようです。人気はあるのですね。

夏の「ミートザワールドビート」で聴いて、おー、これはこれは、だったので、CDも二枚聴きました。去年の分と今年の分です。

ライヴ演奏を聴いているとちょっと単調で退屈かも、と思ったのですが、CD二枚分、計22曲は、退屈でもなくバラエティ豊かで、いっそうファンになりました。FM802さん、新しいバンドを教えてくれてありがとう。

一時は音楽をあまり聴かなくなっていて、ふっとまた聴くようになったのは、デジタルウォークマンを買ったからです。そうなると凝り性の私は、レンタルショップであれもこれもと手を伸ばし、聴いた曲からつながって、さらにあれもこれもとなる。ただいま、デジタルウォークマンに入っている曲は8000を超えました。

それでも新しい音楽を開拓する情熱はなかったのですよね。どうせ、今どき音楽にはおばさんはついていけないだろうと思っていたのもあります。

若い知り合いに教えてもらった新しいバンドでは、「フランツ・フェルディナンド」。これはもう、一度聴いてびびびーんっ!! となり、完全にはまりました。

なにがこんなに私のツボにはまったのかと思っていたら、理由があったようです。ロキシーミュージックにどことなく似ているのですよ。道理でね、でした。

ザ・ボーディズはレトロなロックンロール。若い子がやる音楽か? いえ、だからこそおばさんも好きになるのでして、若い世代にも新鮮に響くかもしれませんね。

こうして考えると、新しい音楽を開拓しているのじゃなくて、古い音楽をベースに今ふう味つけをした、そんなのしか私は受け付けないのであって、頑固者のかちこち頭なんでしょうけど、別にそれでもいいし。

フランツ・フェルディナンドを教えてくれたクロちゃん、ありがとう。他のもいろいろ教えてくれた同世代の友達には、頭が硬くてごめんなさい、とお詫びしておきましょう。
 
専門的な意見なんかはまーったく述べられませんが、ザ・ボーディズはほんとに大好きです。あのリズム、あの演奏、それになによりも、迫力満点のロイくんのヴォーカル。ルックスもいいのでしょうけど、今さらルックスにはは惹かれませんから、音楽が好みに合えばそれでいいのです。

昔、たしかラジオでダミ声コンテストってのをやってましてね、そのときのベスト3は、桑田佳祐、宇崎竜童、柳ジョージ。記憶が確固とはしていませんが、そうだったはず。柳ジョージさんは歌も声も大好き。宇崎さんの声も好きですが、一位だったひとの声は……んんんと。

声の好みってどうなってるんでしょう。同じタイプの声でも、彼は好き、彼は嫌いってね。変ですね。ともあれ、今、このコンテストをやったとしたら、輝ける第一位はロイくんではないかと……そこまで有名なのかどうかは知りませんが。

比較的近い声はジョン・ボンジョビかとも思いますが、どこかちがうしなぁ。ロイくんの声にとってもよく似たシンガーは思い浮かばず、それだけにユニークで「すごーい」なのですよね。この声だけでも実に特徴的です。歌もうまい。英語もうまいそうです(私には英語の発音はわかりませんが)。

そうそう、私は歌が上手じゃないと拒否反応を起こすみたいなんですよね。演奏についてはあまりよくわかってないし、歌が下手って、あんた(私です)が言うな、ではありましょうが、まあまあ。

本人たちはメジャー受けする大スターバンドになりたいのでしょうか? FM802のDJさんたち大絶賛ということは、やはりどっちかっていうと、あまり若い子たちよりは中年前後の世代に……とも考えられなくもない。

売れようと売れようまいと、私はザ・ボーディズが大好きになりました。新しいバンドを好きになるとうきうきするから、やっぱりこうして「知る」のはいいことですよね。

Photo

« 大河ドラマ・龍馬伝part7 | トップページ | mixiリレー小説 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
このバンドのことは知らないんですけど、
公式サイトって、ここじゃないですか? 

http://thebawdies.com/

yippoさん

日本語の「ザ・ボーディズ」で検索していたから、出てこなかったのかもしれませんね。
ありがとうございます。

yippoさんもロックンロールがお好きでしたら、聴いてみて下さいな。yippoさんにだったら、英語の発音の良し悪しもよーくおわかりになるかと。

サイトからMySpaceに行ったら、
PVが何本かありました。
バンドのルックスと、
ヴォーカルの声のギャップがおもしろいですね。
渋くていい感じの声だと思います。

yippoさん

私も昨日、もう一度CDを聴いてました。
やっぱりいいなぁ、でした。
ルックスとのギャップってのも面白いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/36798032

この記事へのトラックバック一覧です: 音の新規開拓:

» 本当は怖い愛とロマンス(初回生産限定盤) |桑田佳祐 [ベストアンサー]
本当は怖い愛とロマンス(初回生産限定盤)桑田佳祐ビクターエンタテインメント発売日... [続きを読む]

« 大河ドラマ・龍馬伝part7 | トップページ | mixiリレー小説 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ