ブログパーツリスト

counter

« 番外34・タイガー&ドラゴン | トップページ | ファイト!! »

懐旧談をひとつ

二十代の終わりごろの私は当時は「マンションメーカー」とも呼ばれていた、小さなアパレルメーカーで経理補助の仕事をしていました。

経理は親会社の口うるさいおじさんと、経理士の先生が見てくれていましたので、私は補助的な簡単な仕事。忙しいばっかりで、赤字ばっかりで、親会社から毎日朝礼の訓示をしにくる社長には、がみがみばっかり言われて。

営業の男の子なんかは言ってました。

「俺ら、時給五百円くらいしかもろてない」
「見てみ。下を走ってマイクでがなってる右翼の車に乗ってる奴ら。あいつらはあんなんが仕事で、俺らよりたくさん給料もらってるんとちゃうか? ええなぁ」

右翼さんはよくはないと思いますが、営業マンたちは嘆いてばっかり。デザイナーの女性がふたりいて、彼女たちがデザインしてパターンも作って工場で制作してもらい、営業マンがブティックなどに売り込みに行く。が、デッドストックが社内に山積みでした。

値下げして売り込んでも売れない品は、社内で叩き売り。近所のおばさんが買いにきますので、私は社内売り子もやっていました。大阪城ホールでバーゲンをやって、その手伝いにも行ったし、工場で間に合わなかったボタンつけもみんなでやりましたっけ。

若い会社でしたから、平均年齢もすこぶる若く、私は年上のほうでした。

「なんでそんなに若くして結婚したん?」
「決まってる。愛してるからやん」
 
などと言ってのけてくれた、若い男の子もいました。男性社員がこんなことも言っていました。

「あかねさんの水着姿、見たいなぁ」
「あかねさんの? おまえは変態か!!」

そこで私もひとこと。

「私の水着姿が見たいのが変態って、すごい失礼とちがうのん?」

店長は、がははははは、と大笑い。変態だと言った男性は言葉に詰まっておりました。

「ALLWAYS」とタイトルした文章を書いていて、思い出した私の若い日。かなりひどい実情の会社で、私は一年足らずしかいませんでした。その後は知り合いの会社にアルバイトで行って、タイピングの仕事をして後の仕事につながったのですが、若い仲間たちとの触れ合いは楽しかった。

私は離れてしまったので、どうなったのかは知りませんが、実家と会社は近いので、ビルの前を通ります。あの会社はそこにはない。潰れてしまったのだろうか。

社長の口癖は「有給休暇なんか取ってる場合ではない。体調が悪い? それはきみらの自己管理がなってないからや。働け。休むな」

でありましたから、あんたは風邪も引かんのかい、とみんなで陰口をきいていました。

あのころの私は本当に若かったのに、自分ではおばちゃんのつもりだったし、二つ、三つ年下はもちろん、年上の男にまで言われた。

「あかねさんはもうええ年やしなぁ」

そのくせ、私が夫をおじさんと呼ぶと、「その年の男をおじさんと呼ぶな」って言うんですよ。夫は私よりも年上なんだから、私がおばさんだったら彼はおじさんだ、ってのは、男には通用しないのですね。

そんなこんなもありましたが、若かったころは楽しかった。後悔先に立たず、が結論です。

« 番外34・タイガー&ドラゴン | トップページ | ファイト!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アパレル業界の話・・・何だか親しみが持てますよ。この業界は浮き沈みが激しいですからね。
私が昔いた会社も少なくとも2軒はつぶれてます。1社は本町駅の近く。たまに前を通る機会があり、なんだか切ないです。皆どこへ行ったんでしょうか。ガンバってくれていると良いんですが。
今の会社は社長も部長も課長も年下・・・まだまだがんばりますよ!

ミーコさん

いつもコメントありがとうございます。
そういえばミーコさんも、その業界で働いていらしたのですよね。
私のいた会社はどうなったのかな。みんなはどうしてるのかな、と時としてふっと思います。
ずいぶんと昔のことなのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/36968211

この記事へのトラックバック一覧です: 懐旧談をひとつ:

« 番外34・タイガー&ドラゴン | トップページ | ファイト!! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ