ブログパーツリスト

counter

« 新選組!(ほんのジョークですが) | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part6 »

93・ラストクリスマス

このメッチャ暑い、あぢあぢあぢーの残暑に「クリスマス」とは、ではありますが、小説の世界では現実とは別の時間が流れているのですね。

私は暑いのが嫌い。汗をかくのは嫌い。汗っかきですから、夏は嫌いな汗ばかりかく。寒いのも年とともに身体にこたえるようにはなってきましたが、真夏よりは真冬がいい。早く秋にな~れ。

と祈りつつ、小説の「冬」に入り込みます。

タイトルはWHAM! です。ワム! なんで「!」がついてるんだろ? 「うわぁぉ!」みたいな意味のユニット名なのでしょうか。

ポップロックってものは好きで、今どきの欧米シンガーやバンドでも、このたぐいの音楽をやっている人たちは好きです。

ワムはそれほどでもなかったけど、「ケアレスウィスパー」は大好きでした。大好きすぎて聴き飽きました。

郷ひろみと西城秀樹が別々の訳詞でカバーしてましたよね。「抱き寄せてジルバ」だったかな? 郷ひろみの歌のほうのタイトルだったか。記憶はあやふやですが。

主人公は美江子。結婚する前と結婚してから。金子&沢田の恋愛を横目で見ながら、自分自身の恋についても考察しているミエちゃんのストーリィでした。

今回も内容については、このくらいしか書くことはありません。

そこでまた細々。

「くらい」? 「ぐらい」? 発音するとしたら「ぐらい」かな? 書くとしたら「くらい」? 「くらい」「程度」ってフレーズも頻出するし、「わかる」「知っている」「覚えている」「思い出す」「経験」「言う」「話す」。

頻出する同じ単語に頭ぐちゃぐちゃ。

「こと」というのもありますよね。思い切り使うとすると、こう。

「あのことを考えていることがいやになっているということを、悟られないようにすることに労力を使っているということが、私の一番のつらいことなのだ」

うう、悪文。ほんと、文章ってむずかしい。最近はこればっかり書いてますね。

なにがむずかしいと言って、冒頭の一文としめくくりの一文、これです。特にラストの一語です。そんなにむずかしいんだったら書くのはやめたら? と言われそうですが。

とにもかくにも、現実世界も早く涼しくなあれ。暑すぎると文章もメッチャ乱れます。

あまりに早くクリスマスには来てほしくないけど、涼しくなってほしい。昨夜はお酒を飲んだのでよけいに頭ぐっちゃぐっちゃ~。

009122s

« 新選組!(ほんのジョークですが) | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part6 »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 93・ラストクリスマス:

« 新選組!(ほんのジョークですが) | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ