ブログパーツリスト

counter

« 番外31・Special to me | トップページ | At the max »

大河ドラマ・龍馬伝part2

ショーケン以蔵の映像がyou-tubeに出ていると、教えて下さった方がいらっしゃいました。

うちのPCはどうしたわけか音がまるっきり出なくて、見せてはもらったものの、以蔵以外は誰が誰だかさっぱりわかんなーい、でしたので、音の出るPCで改めて見ました。

古い大河ドラマのシーンですので、もちろん演出は古い。昔の大河って暗いなぁ、とも感じました。you-tubeだからもあるのでしょうけど、昔の時代劇はおおむね暗くありませんでした? 暗いというのは雰囲気ではなく、映像が、ですが。

両親が大河ドラマを見る習慣を持っていませんでしたので、私が大河を見るようになったのは結婚してから。だから、昔の大河ってほとんど知らないのですよ。

昔を知らないので、古い演出だと言うのは僭越なのでしょうけど、ミーハー感想ですのでね。思ったことを思ったままに書いています。開き直り。。。

えーと、古いってのは否めないにしても、ショーケン以蔵はとってもよかったです。ショーケンってドラマに出ているとこんな雰囲気だったなぁ、と思い出し、このひとはショーケンにも見えるし、以蔵にも見えるなぁ、と感じた次第です。

私が好きだったシーンは、勝海舟がとらわれの以蔵に会いにいったところです。その前のシーンが不明ですので、なんだってああなったのかはわかりませんが、あんなことはあるわけない。あるわけないけどいいシーンでした。

あるわけないのにああなったのは、現在の大河が龍馬をかっこよく描くのに全力を挙げているように、このドラマでも主役の勝海舟をかっこよく描こうとしているから?

そのシーンでは勝さんに向かって、以蔵がこう言います。

「わしはこの人を知らんぜよ。この人はなにを言うとるぜよ」

ぜよぜよぜよ~って、それはいいんですけど、以蔵はどうしてこんなことを言ったの? さまざまに解釈できる言葉で、うーん、と考え込んでしまいました。

以蔵がなにを考えて言った言葉なのだとしても、そのときの彼の表情が胸にしみました。ショーケンは哀しそうな顔が本当に本当によく似合う。以蔵は罪人を運ぶ籠に入れられて、どんな気持ちで運ばれていったのでしょうか。

you-tubeにアップされているのはほんの短いシーンのダイジェストでしたけど、他の役者さんたちも以蔵も標準語土佐弁。龍馬伝の役者さんたちのほうが土佐弁はうまいんじゃありません?

今年の大河の「龍馬伝」にどっぷり浸っている私としましては、別の役者が演じている龍馬や勝海舟に違和感がありました。武田鉄也氏の勝海舟って年を取りすぎているきらいはあるものの、なかなかよかったんだなぁ、と再認識したりして。

書いても意味のないことばっかり書いてますが、ショーケン以蔵はとってもよかったです。教えて下さったshowken-funさま、まことにありがとうございました。

今日は続きで、「龍馬伝」の女性たちについて書くことにします。

思えば私が幕末にはまったのは、龍馬の妻のお龍さんを主役にした時代小説を読んだのがきっかけでした。お龍さんから見た龍馬がとてもとても魅力的で、それゆえにお龍さんの恋心がひしひしと伝わってくる、素敵な小説でした。

ですから、私はお龍さんにたいそうな思い入れがあります。新選組にも思い入れがあって、新選組の敵方は基本的に嫌いなんですけど、それはまたの機会に。

「龍馬伝」のお龍さんはね……このところ可愛くなってきたけど、うーむ、まだまだかな。えらそうに言ってますが、私には物足りないんだもん。今後に期待します。とは言っても、結婚してからはほったらかされるんだから、この時代の女はつまらないですよね。

他の女性キャラでは、一番好きだったのは武市の妻のお富さん。続いて龍馬の姉の乙女さん。弥太郎の妻の喜勢さんもいい。あと、以蔵の恋人のお夏ちゃんもよかったかな。主要女性キャラではそのくらいで、あとはとりたてて印象には残りません。あのお登勢さんは嫌いだし。

まあね、私は好き嫌いでしかものを言えない奴ですので、お気に障った方がいらっしゃったとしましたら、ごめんなさい。にゃはは。

幕末の男たちを描いたドラマなのですから、あの時代なのですから、女性はあのくらいしか(ひとりの人間としても、掘り下げ方にしても)描かれなくて当然なのでしょう。とにかく、そんな時代ですものね。

歴女と呼ばれる歴史ファンの女性たちは、幕末の男たちについては私と似た感想を持っているそうです。すなわち。

「あの時代の男って家庭もなんにも顧みず、天下国家のためだとか言っちゃって、男ばっかりで大言壮語して、妻には親の面倒を見させ、自分は京都の綺麗な芸者さんとかと遊んでて、あんな男とは結婚したくなーい」

大々賛成です。でも、それでもやっぱり幕末って好きなのですよ。幕末歴女さんたちもそうなのでしょ?

564a5ec8394d810c

 

« 番外31・Special to me | トップページ | At the max »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Y-tubeの大河探してしまいました。
懐かしいです。
私は子どもの頃、大河を見てました。はっきり覚えているのは太閤記から。
大河を見て歴史に強くなりましたよ。

私は幕末より戦国やもっと古い時代が好き。
飛鳥時代とかやってくれないかな。
蘇我・物部の争いから、大化の改新あたり。
蘇我馬子、聖徳太子、額田王、天智天皇、天武天皇、と有名人いっぱいなんだけど。


おー、いとさん、いらっしゃいませ。コメントありがとう。

いとさんは昔の大河のショーケン以蔵も見てたんですよね? 私ももっと見たくなりました。

私は幕末好きで、戦国時代はあまりよく知らなくて、でも、平安時代を見たいなぁ。源氏物語なんてものはお金がかかりすぎて無理でしょうけどね。

源氏物語はフィクションだし、恋愛もの(というか、恐れ多くも尊き方々の不倫?)なので大河じゃやりにくいでしょうね。

「藤原道長」とか「紫式部」ならいけるかも。
むくつけき男どもだけでなく、絢爛豪華な衣装を纏った美女を見るのが好きです。

heart02いとさん

そうですね。源氏物語はフィクションだから、そのシーンを織り交ぜて「紫式部」いいかも。

まあその、豪華絢爛衣装の美女ってのがお金がかかるんでしょ? 平安時代の貴族の家の調度品もすごーく高くつきそう。

私は女には興味はない。男がいい。平安時代の男の貴族なんて嫌いだから、明治時代ってのは……近すぎるのか。歴史ってほどでもないか。

来年は女性主役で「お江の方」だったかな。戦国時代ですね。やっぱ幕末のほうがいいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/36224656

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ・龍馬伝part2:

« 番外31・Special to me | トップページ | At the max »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ