ブログパーツリスト

counter

« 大河ドラマ・龍馬伝part4 | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part5 »

allways

一時、古書店に行くのが趣味だったころがあります。歴史関係の本やら、古い雑誌やらの掘り出しものを見つけると嬉しくて、けっこう癖になるものなのですね。

お金はないので高価な本は買えませんでしたし、我が家の近くの古書店が閉店してしまったのもあって、最近は行っていません。古本屋さんは流行らなくなって、中古ゲームソフトを売る店に変わってしまったりしたのです。

太平洋戦争当時のものもあります。昭和三十年代のものもあります。いずれも婦人雑誌。他にも新聞の「おんなの気持ち」(毎日新聞ではこのタイトルですが、他の新聞にも同じようなコーナーはありますよね)への投稿を集めた本もあります。

一度だけ「おんなの気持ち」に投稿して新聞に載せてもらって、その文章が単行本に収録されて、って経験があります。

婦人雑誌のほうでは、昭和十年代はもちろん、戦争中そのものの記事。「代用食の作り方」だとか「銃後の母として」だとか「食料品を節約するためには」だとか。

いくらなんでも私も一応は「戦争を知らない子供たち」(このフレーズも古い)ですので、そこまで古いと実感が湧かないのですが、昭和三十年代になると、「ALLWAYS」の世界ですねぇ。あの映画も好きだったな。

映画の話しではなく、雑誌の話しでした。昭和三十年代当時の雑誌や新聞の読者たちの声を拾ってみますと。

「村の若嫁会でお金を出し合って購入して、私のところに回ってくるのを楽しみに読んでいます。雑誌を読むのはわくわくはするのですけれど、小説となると恋だの愛だのと汚らわしくていやらしい不潔なのばっかりで、顔が赤くなってしまいます」

(当時の農村の若嫁さんにとっては、恋や愛って汚らわしいって感覚だったのですね。実は布団の中でこっそりと、胸をときめかせて読んでいたのでは?)

「三十六歳の母です。この間、赤い寝巻きを買ったのです。子供にはびっくりされましたし、いい年をして恥ずかしいのですが、娘のころにはこんな服は着られなかったので、平和な時代が嬉しいです」

(平成の時代ともなると、六十代でも赤いセーターくらい着ますよね。三十代で赤い「寝巻き」が恥ず

かしいとは、時代は変わったなぁ。私たちが子供のころの三十代って、相当におばさんでしたものね)

「町にスケート場がある、文明の中心、東京がうらやましい」

(当時は都会と農村の格差が大きかったのでしょうね。母からもっと昔の話を聞きます。母は大阪のど真ん中生まれですので、小さいころからレストランなんかにも連れていってもらっていたようですが、そのころはさらに格差が……昭和三十年代でも、農村にはスケート場はなかったのか……)

( )内は私の感慨です。読者の声は私の記憶に頼って書いていますので、正確ではないかもしれませんが、おおむねはこんな感じ。

ああ、時代は変わった、ですよ。

私が若かったころとだって、時代は変わりました。いつのころからか、「二十代はまだ子供。三十歳になってやっと、大人になるんだ」と、私よりも十ほど年下の女性がそう言ったのを聞いたときにも、そんなふうに感じました。

だって、私たちだと、三十になるとこの世の終わり、人生はほぼ終わった、でしたものね。そうは思わなかったひともいるのでしょうけど、同世代の女性はたいてい、そんなことを言っていましたよ。

「私、二十九歳の最後の日に死ぬねん」。そう言っていたひとは、もちろん今でも生きていますが……はははdog

二十代後半で「もうおばちゃんやし」「こんな若い服、着られへん」と私も言っていましたので、今となっては損をした気分です。二十代なんて若かったのにぃ。悔しい。

そう言っている私も、あと十年もしたら振り返って、「あのころはまだ若かったね」と言うようになるのでしょう。人間ってそんなものですね。

« 大河ドラマ・龍馬伝part4 | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

25歳はお肌の曲がり角。画面には髪をアップにした着物姿の女性・・・25歳は随分大人なんだ、と子供時代は思っていましたよ。
今じゃ25歳、十分ギャルですよね。
何時までも若くいたいという自分の願望と、時代に伴う若さのハードルの変化がずっとシンクロして来たように感じます。
人類(おおげさ?日本人?)共通の感情かも。

ミーコさん

そんなCMありましたねー。「マダムジュジュ」でしたか? マダムとは既婚女性のことだと知った子供だった私は、二十五歳だと結婚してるのが当たり前なのか? なんて不思議に感じていました。

何年か前には「今どきのお肌の曲がり角は二十九歳」となにかで読みました。
クリスマスケーキもありましたよね? 24は売れるけど25は売れない。
あれから大晦日になり、現代では三十代後半になると売れなくなるとかとも……

なんだか私たちの世代が、「若い」と言われる時代をすぎてから、「若い」年頃が長くなっているような? ひがみでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286274/36420087

この記事へのトラックバック一覧です: allways:

« 大河ドラマ・龍馬伝part4 | トップページ | 大河ドラマ・龍馬伝part5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ