ブログパーツリスト

counter

« 第二部完了記念webラジオふう(文字のみ) | トップページ | 別小説5・嘘は罪 »

別小説4・魔法使いの島

グラブダブドリブストーリィです。

だいぶ昔からグラブダブドリブの物語を書いていて、mixiには超短編をアップしていました。それまでは長編のほうが書きやすいと思っていたのですが、短いもののほうが書きやすくなったのは、あれからだったのかもしれません。

そうしてmixiのための長短編を書いていたころに、ぽっと出てきたアキラ。

女の子バンドの男の子ひとりだけ、しかもヴォーカリストとはわりと珍しいですよね? そのアキラの変形が、フォレストシンガーズの木村章です。ですから、グラブダブドリブとフォレストシンガーズは最初から密接につながっていたのです。

それって著者の癖のようなものですので、書いてるものの登場人物はたいていが、どこかでつながっています。

キャラクター重視の著者としましては、フォレストシンガーズストーリィの中では、誰が一番お好みですか? といったアンケートをしてみたいのですが、アンケートを取るほどの読者さまもいませんしね。

それはそれとしまして、「魔法使いの島」です。

ガリバー旅行記に出てくる魔法使いの島、イコール「グラブダブドリブ」。このストーリィはグラブダブドリブのはじまりと、彼らの説明のようなものです。

それぞれのパートナーと申しますか、たいへんに関わりの深い人物と、本人の視点を使い、五人分の物語になりました。

中根悠介&宮本花穂。

沢崎司&並河野絵。

ジェイミー・パーソン&城下藍。

ドルフ・バスター&加西チカ。

ボビー・オーツ&木村章。

ドルフとチカも変といえば変な仲ですが、最後のふたりは恋人同士ではありません。当たり前だろっ、と章が怒っております。

説明的文章というものもむずかしくて、ぎくしゃくしてしまったりする。力量不足を痛感しておる次第です。。。

Cc4ee0d231b60c04

« 第二部完了記念webラジオふう(文字のみ) | トップページ | 別小説5・嘘は罪 »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別小説4・魔法使いの島:

« 第二部完了記念webラジオふう(文字のみ) | トップページ | 別小説5・嘘は罪 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ