ブログパーツリスト

counter

« 75・F8 LIVE・TOUR STORY5 | トップページ | 番外25・卒業写真 »

番外24・F8サイドストーリィ・さくら

日本人は桜が好きでして、「さくら」って歌はいっぱいいっぱいありますね。

スキマスイッチ「桜夜風」

ゆず「桜会」

宇多田ヒカル「SAKURAドロップス」

坂本冬美「夜桜お七」

コブクロ「桜」

著者も桜の歌は大好きで、思いついたところを列記してみれば、このあたりが好きです。このへんは比較的最近のヒット曲ですね。ゆずは今のところ、最新曲かな。

このストーリィのタイトルにさせてもらったのは、森山直太朗「さくら(独唱)」。この歌はそんなには好きではなかったのですけど、改めて聴いてみると歌詞がいい。この物語のタイトルにも似合いそうなので拝借しました。

主人公はオフィス・ヤマザキ事務員の露口玲奈。現代の若い女性なのですが、書いている当方はかつての若い女性ですから、ずれていたとしたらお許し下さい。

音楽事務所の事務員さんの仕事はよくは知りませんので、そのあたりはテキトーなのですけど、玲奈ちゃんってけっこう大変なのよね。

お説教好きの社長。社長が負けるニーナさんと山田さん。

ちょっと可愛い女の子は口説くのが当然というか、俺が女に声をかけて断られるわけがない、と過信しているというか、のファイ。

人騒がせが趣味であるらしき三沢さん。

恋している暇もないわ、私は仕事に生きるんだ、とまでは達観していない玲奈ちゃんの周囲には、さまざま変な奴がいましてね。

玲奈ちゃんにもいろいろと心配ごともあるのですが、フォレストシンガーズのファンでもありますので、彼らのライヴに行きたくて……そしてそして、といったお話しもあります。

おとぼけが上手で口も堅い乾くんだから、そんな話は誰にもしないの。したとしても笑い話だしね、といった逸話もありました。

燦劇がこうなったと思ったら、仕事熱心な社長が新人を発掘してきました。

ここで初登場のフルーツパフェ(この名前のお笑いペアがいますよね。最近まで知らなかったのですが、フォレストシンガーズだって現実にいるのだから、ま、いいことにしておいて下さい)、通称モモクリは、多様な面で燦劇のかわりになります(笑)。

Photo

« 75・F8 LIVE・TOUR STORY5 | トップページ | 番外25・卒業写真 »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外24・F8サイドストーリィ・さくら:

« 75・F8 LIVE・TOUR STORY5 | トップページ | 番外25・卒業写真 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ