ブログパーツリスト

counter

« 番外22・サウンドオブサイレンス | トップページ | 番外23・年下の男の子 »

70・想い出の渚・幕間

「想い出の渚」三部作、幕間です。真ん中です。

主人公は美江子。

学生時代にいろんなことがあった合宿の浜辺で、三十歳をすぎた美江子にとってのちょっと衝撃的な出来事がありました。

そんな出来事はあったものの、当事者ふたりはなんにもなかったような顔をして、今までと同じにつきあっている。

互いの心には葛藤があるのですが、この時点では彼のほうの葛藤が強い、のかな?

周囲の人間たちは、こんな感じです。

乾くんは気づかないふりをしたくて、そこに想いを至らせると頭痛がする。

幸生は???状態で、ただひたすらんんん? あれれ?

章はまだなーんにも気づいていない。

シゲは……言うまでもありません。疑ってもいない。

金子、徳永、酒巻といった、立場は近いけどフォレストシンガーズとは部外者である彼らは、この時点ではっきりと知らされた。

というようなことがありまして、それでいてまだまだ収束にはほど遠い。

この顛末が解決を見るのは第三部です。だからね、それでね、悩み続けてるんだよね、彼は。でもさ、彼もさ……なのでありました。

90004cc09439d2ca

« 番外22・サウンドオブサイレンス | トップページ | 番外23・年下の男の子 »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70・想い出の渚・幕間:

« 番外22・サウンドオブサイレンス | トップページ | 番外23・年下の男の子 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ