ブログパーツリスト

counter

« 49・水晶の月 | トップページ | 51・満開の薔薇 »

50 ・続・水晶の月

一章ごとに繁之、真次郎、幸生、章、美江子と視点の移り変わる「水晶の月」続編です。

乾くんの部屋に五人で集まって、昔話やらドラマ「水晶の月」やらの話しをして、料理はわりと得意だと自負している乾くんが、チャーハンを作っています。

ドラマに関するそれぞれの思い。あとの三人は、俺が一番下手だな、と考えているのですが、ユキちゃんは別。章もまた別。

そこからつながるいろいろな思い。

この部屋にはじめて連れてきてもらったのは……からつながって、学生時代の思い出……そこからつながって、想いが漂っていく。

乾くんは引越しし、シゲは結婚し、そうして境遇が変わっていくのです。

ラスト章は美江子になり、乾くんの引越しのお手伝いです。

美江子はやっぱり、吹っ切ったつもりでも吹っ切っていないのですね。そんな気持ちと も徐々に折り合いがついていくのかな?

最後にはみんなでラジオドラマを録音したものを聴いています。

ひとつの季節がすぎ、別の季節が訪れる。彼らももはや青春時代ではなくなると、しかし、独身は青春だーーー、なんて言ってる彼も二、三、おりますが。

チャーハン作成中乾くん。こんなルックス? っていうのは、気にしないで下さいね。

Photo_2

« 49・水晶の月 | トップページ | 51・満開の薔薇 »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50 ・続・水晶の月:

« 49・水晶の月 | トップページ | 51・満開の薔薇 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ