ブログパーツリスト

counter

« 9・夏色 | トップページ | 10・ハートブレイクボーイ »

番外2 ・ I just called to say I love you

メインキャラクター七人には各々に愛着がありまして、私の愛しい息子たちや娘です。

そして、ここから先の番外編に登場する本編では脇役となっているキャラたちもまた、私の可愛いわが子です。

わが子といえば、昔から書いているシリーズのキャラクターたちも。

私のすかすか脳みそから生まれて飛び出して、勝手に動いていたなつかしいキャラたちは大勢いました。

昔々のL.Aミュージシャンはちゃめちゃストーリィのティム、クリフ、ベン、その他たくさーん。彼らは今も時折、私の頭の中で会話をしていたりします。

それからヴァーミリオンサンズ。ショーコ、ディーン、バート。

それからそれから、グラブダブドリブの悠介、司、ジェイミー、ドルフ、ボビー。

このあたりのキャラはこの後、何人かがフォレストシンガーズストーリィにも登場してきます。

「茜さんってそういうの、好きなんだよね。やると思った」

昔の作品を読んで下さっていた友達には、きっとそう言われるでしょう。(◎´∀`)ノ

で、本題に戻りますと、今回のタイトルはスティヴィ・ワンダーです。作品の主人公、酒巻國友、彼の趣味の音楽からメジャーな曲名を拝借しました。「心の愛」というタイトルでヒットしましたよね。

酒巻の國ちゃんは、私の一方のお気に入り。

そういった脇役キャラを主人公にして、今後の番外編を進めていく予定です。彼、もしくは彼女だけが知っているエピソードなんかもちりばめて。

今回は國ちゃんが山形から上京してきて、メインキャラたちが所属していた男子合唱部に入部し、章以外の男性四人となにかと関わり、ミエちゃんとは……といったお話です。

たとえばまったく同じエピソードを視点を変えて書く、そんなこころみもしております。むずかしいけど書いていて楽しい。

メインキャラたちに負けず劣らず、國ちゃんもがんばっていきますので、よろしくお願いします。

「茜いろの森」はここでーす。

http://quianred.blog99.fc2.com/?all

Blocomotive1

« 9・夏色 | トップページ | 10・ハートブレイクボーイ »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外2 ・ I just called to say I love you:

« 9・夏色 | トップページ | 10・ハートブレイクボーイ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ