ブログパーツリスト

counter

« CDラック | トップページ | 17・公園にてⅡ »

16・公園にて

一応はシゲが作詞作曲をこころみて、みんなに失笑されてへこんで引っ込んだという「公園にて」を使っておりますが、他のとはやや例外です。

フォレストシンガーズがデビューして、以前は公園で歌の練習をしていたのが、スタジオを借りてできるようになった。

みんなでスタジオに集まって、お互いのきょうだいの話をしたりもしています。

もはやちょっぴりなつかしささえ覚える公園で、デビューしていなかったころの思い出を噛み締めたりもしています。

そんなシゲに淡い恋が?

しかし、シゲはやっぱりシゲなのでした。

「ジャパンダックス」という同じ事務所の仲間のような、そうでもないような、そんなロックグループも出てきます。

このシリーズの重要な舞台のひとつが「公園」ですので、寒くても暑くてもよく公園にいるのですよね。

シゲ自身もめげないで。

きっといいことが待ってるからね。

著者の私が断言するのだから、まちがいないんだよ。シゲちゃん。

Akiillust0021

« CDラック | トップページ | 17・公園にてⅡ »

オリジナル小説について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16・公園にて:

« CDラック | トップページ | 17・公園にてⅡ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ